生理の腹痛と肛門周辺の痛みは消えた:手術後の生理痛⑤(2019-02-09更新)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2016年10月18日。 

今日の主訴は、右下腹部が痛い。

場所から見ると、おそらく卵管が詰まって痛いと思います。

 

彼女は昨日コケて膝にケガをして、赤く腫れていました。

それ以外に、左足首の外側も痛い。

 

いつものツボ以外に、捻挫と赤く腫れているのを治すために刺しました。

陰陵泉、地機、三陰交、関元、中脘、巨闕、霊骨、足臨泣(右)。

赤く腫れているところでは刺絡。

 

置鍼中に彼女が言うのは、「今までないくらい、お腹が暖かくなって来ました。」

前より暖かくなっているのは、流れが良くなったから。これはおめでたい事です。


彼女は帰り、「歩くのが痛くないです!」と喜んでました。

 

ねんざ痛。ケガでの赤い腫れなど。

すぐ来れば、痛みと腫れなどはその場で改善できます。

 


 

2016年11月4日。

生理前にお腹がはる。

喉に何か付いている気がする。

生理前には偏頭痛が起きやすい。

 

今日は針を抜くとき、彼女のお腹は鳴っていました。

彼女も「お腹が空いた!」と言ってました。

 

彼女が言うのは、先月から生理前に軽い腹痛が来ている。おそらく、今までの激痛より小さいから、気づいてないでしょう。

 

彼女の希望は、この生理前の軽い腹痛とお腹がはるのが消えること。

 


 

2016年11月8日。

生理が来て生理痛はあるけど、西洋薬を飲むほどではないので、なんとか我慢できたそうです。お灸をして凌いだのもある。

 

今日は、じわっと腹痛がして、肛門周辺まで痛いそうです。

 

施術後、彼女が言うのは、「お腹がじんわり温かくなってきて、腹痛と肛門周辺の痛みは消えました。」

 

生理痛が肛門まで痛いのは、任脈が会陰部までつながってるからです。

 

一般的に関元.中極などのツボで十分消えます。

生理痛にとても有効なお灸

 


  
2016年11月15日。

生理の出血が9日も続いている。

何か変わったかを聞いたら、岩盤浴で汗をいっぱいかいて、その後なんとなく冷えたそうです。

 

私は彼女に説明しましたが、「寒い時期は汗をたくさんかかないほうがいい。運動も控えめの方が良いです。」

 

施術後、彼女は一つの悩み事を話しました。

小学生時代から今は現実か夢か、分からない時がある。

 

彼女は自分が脳の病気で、精神的におかしいと思って、変人扱いされるのが心配で私に相談してなかったそうです。

 

私は彼女に説明しました。

これは体の陽気(温める気)が足りなくて起きる症状で、冷え症の人に多いです。

 

中医学の言葉でいうと、『魄不守』。

(魂魄の魄がちゃんと体内に収まらない)

 

彼女は説明を聞いて、安心してました。

(その後の記録は、特に変化ないので省略)

 

~つづく~

li-hari.hatenablog.com