お父さんの糖尿病、漢方薬を飲んでからの変化と決定

こんにちは。李哲です。

 私のお父さんは日本にいる時、お尻の痛み.糖尿病で鍼治療しました。

 

中国に帰って漢方薬を飲んだ状況を書こうと思います。

 

1週間の漢方薬を飲んで、手足が熱い感じは完全に消えて、冷たい氷水が飲みたくてしょうがない症状は消えました。

 

お尻の痛みも、感じない時があるそうです。

 

2週間目の漢方薬を飲んで、諸症状は良くなったけど、お父さんが言うのは1日で3,4回の下痢になるから困る。

 

もっとも気になるのは、足と手の裏に赤黒い皮膚の脱皮した所があって触ると硬い。中から血が出そうな感じで怖いみたいです。

 

怖がるのは傷口ができたら、糖尿病の患者さんはなかなか治らないから。

 

お父さんはインスリン注射をしないと、この脱皮した所が治らないと騒いてました。お母さんもインスリン注射を始めようと思って、私に電話をして来たのです。

 

仕事終えて、一晩中説得しました。

漢方薬も血管を広げて、皮膚の調子を戻すことができると説得。

 

3日後、電話で状況を聞いた時、お父さんとお母さんが言うのは、やはりインスリン注射をしたい。インスリン注射をすれば、手の皮膚も良くなると私に言い続けてました。

 

便通は1日に下痢2,3回。

食前に漢方薬も飲むからお腹いっぱいで、食欲もない。

 

今は体重が5kgくらい落ちているので、心配ばかりしているそうです。(日本にいるときは運動もしないし、親族たちがご馳走ばかりして太っていました)

 

血糖値は最近測っているけど、だいたい15(正常値は7)。

 

漢方薬の処方箋を変えれば、下痢もなくなるし手足の皮膚もよくなると教えましたが、お父さんは漢方薬を飲むのが億劫だと言ってました。

 

そして、お父さんとお母さんの意見はなんと、インスリン注射と漢方薬を同時にする。

 

兼用はダメ。

どの効果か分からないし、どのような副作用が出るのかも予測できないので、兼用するのは止めさせました。

 

お父さんが気にしているのは、

血糖値と皮膚の変化。

何か不調が出たら血糖値が高いからと主張。

ほかの症状は良くなったとしても、糖尿病が良くなったと認めない。

 

何回もインスリン注射の話をしてくるので、私は諦めました。

 

中医学と縁がないので、

「インスリン注射をやってみて下さい。」と伝えました。

 

いつか、インスリン注射で身体に異変が起きたことに気付けば、その時にまた漢方薬など話しても良いと思います。

 

ほっとくのは見捨てた事ではない。

 

目覚めるのを待っているだけです。

 

追記:

 

2018年1月3日、お母さんが写真を送ってきました。

 

今の皮膚の状態です。

 

 

見ただけで分かりますが、すでに心臓の経絡と心包経、両方影響が出ています。

 

簡単に説明すると、血液の中に毒素が回って心臓に負担をかけるので、一番遠い手の経絡に集中している。

 

毒素はインスリン注射で、下がった糖分。

体に利用されないから、体は毒素だと認識する。代謝できないので、体は防衛反応で一番遠い手の所に置いとく。内臓に近寄らないように。

 

このまま毒素が溜まって、万が一ケガで穴が空いた場合、いまの所は傷が治りにくくて腐り始める(壊疽)と思います。

 

壊疽に関して、西洋医学の『素晴らしい』解決方法は手足の切断。

 

針の場合は、右手の神門.大陵穴.内関などで鍼治療できますが、近くにいないのでどうにならない。

 

しかし、ほかにも解決方法はあるので、いつ親から相談が来るのかを待っています。

 

自ら相談が来ない限り、私が薦めても話を聞かないから。

 

2018/01/08

追記:

 

あるお医者さん(漢方医か西洋医学の先生か分からない)から煎じ薬と塗薬をもらって、4日試したらだいぶ良くなっているそうです。

 

どんな薬なのか、まったく公開しないので疑問点もありますが、とりあえず様子を見るつもりです。

純粋な漢方薬で治したら、その先生の所に勉強に行きたいですね…