鍼4本だけで緩和した坐骨神経痛

こんにちは。李哲です。

今日は私の簡単な鍼灸治療例です。

 

女性、30代。

久々に坐骨神経痛みたいになって、お尻の外側からふとももにかけて痛みがあるそうです。お腹も腰痛のせいなのか、違和感あり。

 

試しに鍼4本だけ刺しました。

腎兪と大腸兪、左右で計4本。

少し回して響かせて、あとは20分寝るだけ。

 

起きた後、彼女が言うのは、「腰痛と坐骨神経痛がほとんど消えた。屈伸運動は自由自在にできる。腰と下半身がスッキリ、お腹までスッキリになった。」

 

予想外の良い反応で私も嬉しかったです。

 

もともと坐骨神経痛は環跳も刺すべきですが、今回はとりあえず腎兪と大腸兪を刺して、それでもダメだったら最後に環跳穴を刺すつもりでした。

 

施術の結果から見ると、環跳穴を刺す必要もなくなりましたね。

 

いつもは環跳穴を先に刺して、ほかのツボを刺す習慣だったけど、今回はいつもと違うパタンでした。どちらにせよ、解決すればそれで良いと思います。

 

坐骨神経痛の原因は、経絡の冷えがほとんどなので、鍼ができない時はお灸をするだけでも効果があります。

 

腰の後の腎兪と大腸兪を押してみて、痛い所にせんねん灸を置いて10個くらいお灸をすれば良いです。

 

ただし、坐骨神経痛の場合は鍼のほうがよっぽど早いので、痛くなったら鍼のほうがオススメ。

 

私の臨床経験からみると、坐骨神経痛はとても早く治るものです。一般的に環跳穴一つだけでもう十分。足りなかったらほかの経絡のツボを選びます。

 

足つぼ整体の時は、回数を重ねてやっと完治した感じですが、鍼の場合はほぼ1回で痛みが取れる。1回で完治まで行かなくても、少なくとも痛みがだいぶ緩和されます。

 

坐骨神経痛は鍼にとって朝飯前。

 

鍼は痛いから嫌だ!と嫌がる方がいると思いますが、食わず嫌いの先入観は止めましょう。

 

鍼を刺す時、貴方が思っているような鋭い痛みはありません。鍼を回して気を集める時にだけ、独特の響きがあります。

 

坐骨神経痛でずっと痛い痛い生活を過ごすか、響く鍼を2~3回受けてすぐ治るか、どちらを選ぶかは皆さんのご自由です。