足の親指感覚がなくなった治療例(2)(2018-02-28修正)

f:id:li-hari:20180520165548j:plain

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2016年11月19日。

5回目。

 

生理が来そうなのに、まだ来てない。遅れている。

 

右足の親指の足底は、歩く分には問題ない。触るとしびれているな…のが分かる。

 

彼女が言うのは、確実に前よりは良くなっている。あともう少しの感じ。

 

最近は便秘気味。

 

支溝。照海。太谿。関元。巨闕。三肩、火主、火硬(最後の3つは董氏奇穴)。

 

2016年11月22日。

6回目。

 

右足の親指の感覚マヒ。

20%くらい残っている感じ。

 

生理はまだ来てない。

便秘気味は相変わらず。

 

今日刺したツボは、天枢。下脘。巨闕。関元後渓。束骨。合谷穴。太陽。火主、火硬。

 

太陽穴は目の疲れを取るため。

 

2016年11月24日。

7回目。

 

右足の親指の背部、指先は大丈夫になった。

足底だけ触覚が変。

 

今朝、右上のまぶたに赤い点ができたので、これはなんとかできないのか?と聞かれた。

 

もちろん、対応するツボがあります。

曲池。

 

今日刺したツボは、後渓。束骨。巨闕。関元。曲池(右)。合谷穴。太陽。頭臨泣。太谿。

 

帰りに彼女が言うのは、前回は施術後に目がクリアになる感じだったけど、今回は本当に目がよく見える。(彼女はメガネをかけないと視力が0.4。メガネをすると1.2)

 

ここで分かりますが、頭臨泣の追加でいい感じ。

 

頭臨泣は目の病気に、とても良く使うツボで、効果はあります。