鉄剤で便秘になった女性(2018-03-10修正)

こんにちは。李哲です。

今日は1人の女性から聞いた話。

 

彼女は最近、「ふらつく時があって、自分が貧血ではないか?」と心配して、下まぶたの裏を見たけど真っ白ではない。そのまま放置した結果、治らないので病院に行ったそうです。

 

検査した結果は、値はそんなに低くはない。

でも、いちおう鉄剤をくれたそうです。

 

この鉄剤を飲んでから、彼女は楽になった気がする。

(注意して下さい。「気がする」で治ってはない)

 

しかし、想像もしてなかった副作用が出ました。

生まれて初めて、ひどい便秘になったそうです。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180313/20180313170931.jpg

 


 

貧血だからと言われ、病院の増血剤を飲んで便秘になった女性、私が聞いたのは一人だけではありません。

 

なぜ増血剤で便秘になるか?

化学薬品が分解できなくて、解毒する肝臓の中にいっぱい詰まってるから、便秘になるのです。

 

肝臓の機能が良くない人は、便秘になりやすい。

これはC型肝炎とか肝硬変.肝臓癌の患者さんに尋ねれば、一番わかります。

 

彼女は私に質問しました。

「どうすれば便秘が治りますか?」

 

本当に!

これは聞くまでもないでしょう?

 

鉄剤を止めれば、便秘が自然に良くなるから。

 


 
彼女のふらつくのは、運動不足が主な原因です。

 

家を出ると、ほとんど車。

走るところか歩く時間すら少ない。

家でもできるストレッチをしない。

 

体は動かさないと、どんどんダルくなります。

運動しないと気血の流れが止まるので、貧血気味になるのです。

 

彼女は何の治療も要りません。

適当な運動とストレッチをやれば、自然に体力がついて、フラつきも治るから。

 

f:id:li-hari:20181228015827j:plain

 

【▲ 貧血予防には運動が必要】

 


 

余談話ですが、

彼女の家族全員はみんな来たことがあります。

 

おじいちゃん。親。息子さん。

三世代。

 

印象に残っているのは、息子さんが過酷のスポーツで足とお尻が痺れて来た時、1回で良くなりそれっきり来てない。

 

まだ10代のもあるし、痛くなってから1週間以内に来たのもある。だから、すぐ治ったのです。

 

息子さんの学校は、スポーツ競技で全日本大会に出るのが目標だったそうです。しかし、結果的には出ただけではなくて、全日本2位になった。

 

嬉しい結果は、息子さんが寝る方位を変えてからの変化です。親として、彼女はこの事で感謝してました。

 


 
寝る方位を変えただけで、全日本2位になる???

皆さんはきっと、「信じる者は救われる」と言うかも知れないけど、その言葉は迷信で科学ではありません。

 

あなたがりんごは地面に落ちるのではなくて、宙に浮くと強く信じても、りんごは地面に落ちます。

 

科学と言うのは、あなたが信じるかどうかと関係なしで起こる事。

 

中医学の中の方位学(日本で言う風水に似てるけど、同じものではない。)は、迷信ではなくて科学なのです。

 

患者さんの痛みを取るだけでなく、

ほかの事(運命など)も解決してあげる。

これは中医学しかできません。

 

西洋医学はテクノロジーで、科学ではない。

例え上で話した息子さん。

大会で優勝させる為に、何か良い薬はあるでしょうか?

 

うん。

一つありますね。

 

筋肉興奮剤。

オリンピックで禁止されてる薬物。