第一回目のテストを終えて

こんにちは。

李哲です。

 

第一回目の卒業認定試験が終わり、ホッとしてます。休めるのは数日しかありませんが。

 

学校のテスト、国家試験に出るのは、ほとんど西洋医学の解剖学.病理学.生理学内容。

 

鍼灸でよく治す肩こり.頭痛.腰痛など、西洋医学の筋肉.神経系の知識をメインにして説明している。

 

西洋医学の知識は、目に見えるものが多くて理解しやすいかも知れない。

 

しかし、西洋医学の知識で鍼灸の治療を説明するのは、う~~ん?と思います。

 

簡単な理屈上ですが、鍼灸は5000年以上の歴史がある。

 

西洋医学は誕生してから、せいぜい200年くらい。

 

200歳の人が5000歳の人を指導するのは、筋が通らないと思います。

 

実力派だから歳と関係なし。

という方は、ちょっと待って下さい。

 

西洋医学の治療効果はそこまで無いです。

 

少なくとも私が見たのは、西洋医学の治療が無効でこちらに来てる患者さんばかり。

 

もう一つ、よくある事を例にしますが、風邪を西洋医学の薬で治す。特に子どもの風邪。

 

病院の薬(解熱剤など)を使うと、子どもはどんどん風邪をひきやすくなります。1年に1,2回から半年に1,2回になる。ひょっとしたら1ヶ月に2回引くかも知れない。

 

なぜわが子が弱くなっているか?

疑問に思ったことがないですか?

 

中医学の漢方薬治療に任せた場合は違います。

風邪をひく回数はどんどん減る。

 

何故かと言うと、漢方薬治療は本当に体を治す療法だから。

 

中医学のもう一つ:鍼灸でも風邪を治せます。

 

そして、鍼灸には風邪のワクチン(ツボ)まである。

 

先に言いますが、ツボの名前は「身柱」

この1個のツボだけで良い。

3,4回針を刺せば、風邪を引かなくなるそうです。

 

鍼灸は何の薬物も注入しません。

これでなんか副作用が出ると思いますか?

 

来年、無事に資格が取れれば、このようなツボワクチンもやってみたいと思います。

 

学校の先生から教わったのは、心筋梗塞.てんかん.脳血栓症.脳梗塞.糖尿病…などは鍼灸に合わない。さっさと病院に行かせたほうが良い。

 

ニハイシャ先生の鍼灸理論を習ってきた私にとって、このような考え方は残念です。

 

学生さんはそれが本当だと思って、治せなくても自分のせいだと思わないから。

 

将来、臨床で治せないものがあった時は、先に自分のレベルを疑ってもっと磨くべき。

 

漢方薬.鍼灸は神様みたいに、なんでも治せるものではありません。

 

しかし、①治療時期を逃せなければ、②腕が良い先生に会えば、ほぼすべての病気が治ります。

 

病気になったら、鍼灸.漢方薬を第一選択として選ぶ。

 

中医学の先生が一番先に診察.治療する。

 

世の中がこうなれば、病気で亡くなる方も激減すると思います。

 

しかし、私が年取って死ぬ日までは実現できなさそう…

 

追記:

皆さんは眠れない時、本を読みますか?

 

私が見つけた最強の睡眠導入剤は、解剖学の過去問。

 

寝る前に読むとすぐ寝ちゃいます。

 

寝付きが悪い人は、難しい本を読むのは良いかも知れません。試して下さい。