【翻訳文】リウマチ(全身の関節痛)。頑固な便秘。乳がん。膵炎の漢方薬治療例(2018-02-23修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

(本院の治療例ではないので、間違わないでください。)

 

 元の中国語リンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/0730-0801.htm

翻訳文

一人の地元の女性。

リウマチ歴は2年。

 

この2年はずっと鎮痛剤を使ってるけど、副作用で超頑固な便秘になった以外に、関節痛は全然変わらない。

 

水曜日の初診時、顔色は白と青の混ざり、パット見ただけで痛みがあるのが分かる。

 

「どこが痛いですか?」と聞いたら、彼女の答えは「痛くない所がないです。両手の関節痛で指が屈伸できない。朝起きた時は膝痛でびっこを引くしかないです。」

 

大便は1ヶ月に2~3回。

 

私は鍼を刺す以外に、漢方薬も処方しました。

処方には8種類の生薬しか入ってないけど、みんな大量に使っています。

 

金曜日の午後、彼女は2回目の鍼治療に来た時、私に教えました。

 1回目の鍼を受けてから、翌日の朝には指の屈伸運動ができた。起きた直後には、すぐ歩いてトイレに行けた。びっこを引いて歩かなくて済んだ。

 

関節痛がだいぶ減ったい以外に、大便も1回出て、体重が2パウンド下がった。

 

彼女は中医学の治療の効果に非常に驚いてました。

 

私は彼女に教えました。

「2年前に治療に来たら、こんなに2年間も苦しむはずがない。すでに治っているはずです。」

 

https://lh3.googleusercontent.com/aT1p4M6ooUa37aEQ7YjCBoK7rBfhzaP-VhKXBBhnVTYoa4N237eUJ8j_V5OH1aeqwu1znlqs3S7wH9crQR3FVrm0nkV0FG3uWp21AzkdTQBkfUIMO-OmwBeY2KQd6ciLf8xPAwuqrcAhR2CQ1w53fzjwORfIuvvWVn1QXYzglgAexsQSNt8a-nxtLCEXQQfb_xwEeWhz_uaf-DknV9iwwmhzWv4SQhdjw9Xy_a3DM0mQpdOiid7jpjctfdw0dcZEjFtRshTEfSPUC2yM_F0xIpCMy4QaP9fAWeo0kcNiM7WKWuKhVe6ytEJOP5YVwJjJtRzF8HgBnMvyVTeZB92bUNEJRLS7YIllq9cOwDVH5Hc7Whim3EbWhaZcJlY9SlpIJ5CPwjNEBfUf4IleytUK8aT8y4L_A6IHk0KjrTZUBoaiSS6QG4UFOA4Q-RohR9Weqj4Xn7-gxaNJRxI6hAe4K0zQIdMJTsHEBtO9EBftDADjSBtk3BJ4aO8qdN9oKX7s6tOBMBL8ahl0tmoBY1-13qDjEBlg07Wr7zEtGPHB8GfnC7EcWc6YzXf7qUZas2JYg8JM8NTpPJeJOsQJFDsUA4mQajG4inmXV24nvA=w466-h403-no

 

同じリウマチの香港人の女性。テキサス州に住んでいます。

1年前に診察に来た事があり、当時はすでに両手の手指関節の変形がひどく、両膝の変形もありました。

 

その時、彼女が私に話したのは、リウマチは5年以上経ってから中医学の治療を探した。当時、私は彼女に話しましたが、「リウマチは必ず鍼治療が必要です。」

 

そして、私は彼女の近くにいる私の弟子を一人紹介して、そちらで治療してもらうようにました。テキサス州で開業している王鵬雲医師。

 

金曜日に来た時、彼女は私にこう話しました。

息子に運転を頼むしかないから、王鵬雲医師の所には行けない。

 

この言い訳は本当に愚かである。

彼女はとても遠い私の診療所まで来れるけど、家から近い医師の所には行けない。本当に愚か。

 

自分で治療のタイミングを逃すだけではなくて、家族まで長い休みを取らせフロリダ州に来させる。本当に理解できない決定です。

 

私は彼女に話しました。

「必ず王鵬雲医師の所で治療して下さい。

あなたの病状はとても重いから、私の漢方薬を飲むだけでは良くならない。治るチャンスがありません。」

 

同じ日に見た二人の患者さん。

皆さんは比較ができるはずです。

 

現在、アメリカでの状況はこんな感じです。

 

アメリカ人はリウマチは西洋医学で治せないのを知っています。だから、中医学の治療を求めて来ている。タイミングを逃してないので、治療効果は良いです。

 

逆に中国人は西洋薬を迷信し、ずっと鎮痛剤を飲んでいる。飲み続けてある日、関節が全部変形してから、やっと中医学の治療を求めて来る。この時はすでに遅いです。

 

このような、海外にいる中国人は本当にかわいそうで、嘆くしかない。

 

一人のアメリカ人女性。

マイアミから来ました。

去年、私の診療所に来たことがある。

 

彼女は2005年乳がんになり、当時、彼女は自分が納得するいわゆる自然療法を実行しました。

 

だから、彼女は手術と抗がん剤など受けてない。

 

当時、彼女が私にしてほしいのは、体力を保つ漢方薬を処方するだけ。私は六味地黄丸を処方しました。

f:id:li-hari:20180517120336j:plain

六味地黄丸(ろくみじおうがん)の主力の生薬:地黄(じおう)。滋養強壮作用が強い。

金曜日に来た時、彼女はこの何ヶ月で非常に間違えた選択をしたと私に話しました。

 

西洋医学の先生の話を信じて、Avastimを飲んだのです。2ヶ月飲んだら、左乳房の腫瘍は迅速に拡散し、更に新しい腫瘍が左乳房にできて、左乳房の腫瘍は更に石みたいに硬くなりました。

 

当時、彼女は破裂した腫瘍の所を私に見せました。

私は写真を取ったので、読者の皆さん参考にして下さい。

 

f:id:li-hari:20180530162223j:plain

 

強烈な臭いがするけど、彼女は全く痛みがない。

 

乳房切除をした患者さんだけ激痛があります。

 

患者さんは自分で選べる権利があります。

手術して抗がん剤をやるか。

そのままほったらかすか。

患者さんが選ぶものです。

 

彼女は乳がんになってから今日まで4年以上経っている。

 

もし、西洋薬を飲んでなかたら、ここまで拡散しないと思います。

 

西洋医学の会社は薬の誇大広告をして、患者さんが来て実験体になることを狙っている。本当に悪魔の行為です。

 

乳がんがここまで悪化したら、中医学の治療は難しいです。結果は本当に運気を見るしかありません。

 

しかし、彼女の寿命を延ばして、痛みを減らす事は確実にできる。

 

彼女は今でもその西洋薬を飲んだことを後悔しています。

西洋薬を飲む前は、まだ小さな腫瘍だったけど、飲み続けて2ヶ月後にはこんな事になったのです。

 

本当に害しか無い西洋薬!

 

木曜日、エジプトから来たアメリカ人。

左の脇下がずっと痛いから、病院で検査を何回かしたけど、なにも見つからない。

 

この例は、先週診たあのイタリア籍のアメリカ人と同じです。

みんなコーヒーの飲み過ぎで、すい臓炎になりすい臓炎の最後は膵臓がんです。

 

西洋医学は末期の膵臓がんしか分かりません。

初期の診断はできない。

 

末期の膵臓がんだと診断された時は、読者の皆さんに言いますが、患者さんには最大6ヶ月の寿命がある。

 

もし、生検をしてなかったら、中医学の治療で生き残るチャンスはある。

生検をしたら、もうチャンスはありません。非常に苦しみながら死んでいく。

 

しかし、生検をしないと、西洋医学は膵臓がんであるかないか、確実な診断ができないと言います。

 

こんな時、私は皆さんにこう言うしかありません。

中医学を信じる決意を出して下さい。

 

中医学こそ生検をしなくても、膵臓がんであるかないかが分かります。

 

中医学こそ、いわゆる陰陽の診断方法で診断ができる。一般的な中医師はできません。

 

この患者さんの症状を見ると、確実に膵炎です。

 

私が出した処方箋は、膵炎を治せます。

しかし、患者さんがコーヒーを止めないと、必ず効果が出ない。