坐骨神経痛。膝痛。頑固な便秘症。むくみ。肩こりの治療例(6)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2017年9月15日。

右膝が階段を昇る時に少し痛い。普段は痛くならないそうです

 

左腰は少しだけ痛い。

右かかとは普段はしびれるのが感じない、たまに違和感あるくらいだそうです。

 

2017年10月12日。

便通が悪い、最近は3~4日に1回。膝は階段を降りる時に痛い。腰痛はもう大丈夫だそうです。

 

耳鳴りは左の方が圧倒的に強い。

 

今日来た時、胸の痛みの主訴がありました。

特別なのは最初真ん中あたりが痛くて、徐々に左胸の下、左胸の外側に痛みが移動する感じ。

 

今まで見たことがない症状。

関元と内関などで対策を立てたけど、効果は少しだけしかない。

次回には公孫など追加して解決するつもりです。

 

2017年10月14日。

昨日の今日は便通あり。

膝痛は少しある。

 

左胸の下側一周する痛みはまだあると言うので、今日は歴兑(右)、公孫、内関(右は外関までつなげる)などを追加。

 

途中で鍼を回しに入った時、彼女が言うのは「左胸の下と外側の痛みはもうなくなった。真ん中あたりが少しだけ痛い。

 

公孫と内関を強く回して、パワーを強化しました。

 

2017年10月20日。

前回の鍼で、左胸の回りの痛みはなくなった。

今日は膝痛(左>右)、階段を降りる時に著しい。

便秘は続いている。

 

2017年11月1日。

階段を昇る時に膝が痛い。

大便は休日は出るけど、平日には出ない。

右の耳鳴りは前より更に減ったけど、左はあまり変わらない。

 

鍼を取る時、彼女の手足は暖かくなってました。

以前はずっと冷たかったのが多かったから。

体内の冷えは本当に強いです。

 

2017年11月8日。

前回の針のあと、3日連続で便通があったけど、その後はない。

 

なぜか左腰の痛みがまた戻ってきた。

膝は階段を降りる時に痛みが強い。

尿はまだ透明色。

 

鍼が終わってお茶を飲む時、彼女の食事状況を聞きました。

ほとんど外食だそうです。

「魚定食など食べるようにはしているけど、野菜はどうしても食べるのが少ない。土日はなるべく自炊している」と彼女は言ってました。

 

病気治療で睡眠はとてもとても大事です。

でも、彼女はほとんどよく寝れてない。

 

運動はしてない、歩く時間も少ない。

野菜を取らないと便秘になりやすいです。

 

困った状況でした。

鍼だけでどのくらい治せるのか。。。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com