夏バテ対策.熱中症予防の漢方と日常生活での飲み物(2018-03-19修正)

f:id:li-hari:20180319223113j:plain

こんにちは。李哲です。

暑い日々が続いてますね。

 

今日は、患者さんから聞いた情報を記事として書きます。

熱中症と夏バテ対策の参考になれば幸いです。

 

1.ある男性患者から聞いた情報。

漢方薬局で麦味参顆粒」(ばくみさんかりゅう)を買って飲んでいたら、去年の夏はとても快適だったそうです。

 

この「麦味参顆粒」(ばくみさんかりゅう)は、

中国で「生脈散」(しょうみゃくさん)と言います。

 

麦味参顆粒」は、

主に水分補給する漢方薬。

 

高温場所での作業員とか、夏に汗をいっぱいかく人に合う。

 

つまり、夏バテと熱中症予防に最適の処方です。

 

男性患者が買ったのは、外苑前の「五行堂」という漢方薬局。1日1包、或いは2包で結構だそうです。

 

価格は1包160円くらい。

ベッドボトルの炭酸飲料の値段と同じ。

 

2.ある女性。

子供が通っている学校では、スポーツ飲料水かお水しか持っていけないから、毎日作ってあげるそうです。

 

レモンを絞って、はちみつ入れて、そして天然塩を少し入れる。

 

みんな適当に入れてるから、毎日味が違うそうです。

 

子供が笑いながら、私に言ったのは:“酸っぱい時もあるし、しょっぱい時もあるし、でも美味しい時もある。”

 

無邪気な子供の発言で、私も笑うしかなかったです。

 

しかし、自分の子供をしっかり守っているお母さんの生活知恵には、とても感服しました。

 

これより安くて自然で健康な飲み物はあるか!

 

3.最近、テレビを見たらスポーツ選手を売りにして、水分補給ができると宣伝するスポーツ飲料水があったけど、気をつけて下さい。

 

人工甘味料と白砂糖が入った飲料水を飲み過ぎて、脳みそが減ってバカになる!

 

スポーツ飲料水で水分補給はできません!

 

昔の人達は、スポーツ飲料水がなくても、夏は過ごしたでしょう?

 

スポーツ飲料水がなくて、彼らはみんな熱中症で死んだでしょうか?

 

昔の人たちが飲んだのは、

塩と水.果物(スイカなど)です。

 

以前の記事でも書いたけど、脱水症で病院に運ばれた時、ポカリスエット入りの点滴ではありません。

 

生理食塩水です。

 

皆さんはこんな常識を忘れてないでしょう?

 

スポーツ飲料水がなぜ悪いか?

常識から説明します。

 

5~6年前に、私もスポーツ飲料水を飲んだことがあります。飲んだあと、どんな感じか分かる。

 

コーラとかスポーツ飲料水は、飲むときはゲップが出て気持ち良さそうだけど、飲んだあとにとても喉が渇きます。

 

喉が渇く原因は、体内の水分が破壊されて、体が水分を求めているから。

 

スイカを食べたり、少量の塩が入った水を飲んだあとは喉が乾きません。

 

考えて見て下さい。

体内で水分は、80%くらい占めています。

 

一番大事な資源なのに、飲料水を飲んだだけで正常な水が破壊され、体はSOS信号を出して水分を求めているのです。

 

中医学の陰陽五行論からいうと、水に属しているのは「腎臓」。

 

腎臓が管理してるのは、寿命の長さ.記憶力.精力(生殖機能も含め).骨の強度.髪の毛のツヤ.大小便のコントロールなど。

 

体内の水分が破壊される時は胃腸なども害を受けるけど、一番ひどくやられるのがこの腎臓。

 

だから、飲み続けると記憶力が低下して、脳みそが減ってバカになると言うのです。

 

体内の水分を破壊するのは、飲料水だけではありません。

 

化学薬品の西洋薬は、もっと強力なやつ。

 

鎮痛剤.抗生物質.高血圧をコントロールする薬...など。

 

副作用のところをよく見てください。

喉が渇くと書いてる薬はたくさんあります。

 

しかし、喉が渇くのはどういう警告か皆さんは分かりますか?

 

あなたの一番大切な資源を壊しているのです。

 

西洋薬.清涼飲料水は害がないという方。

 

西洋薬.清涼飲料水を飲んで、喉が乾く人がいるかいないかを確認してから、反論してほしい。