ワクチンの害を訴えているアメリカサイト

こんにちは。

李哲です。

 

今日はニハイシャ先生の治療日記から得た情報。

 

ワクチンの害を訴えているアメリカサイトです。

www.thinktwice.com

 

中に入ってpersonal storiesを押せば、たくさんの被害者の話が聞こえます。

 

私は英語が分からないので、読めなくて悔しいです。

 

読めないのになんでおすすめするか?

 

その理由は、私が現場で患者さんの声を聞いているから。

 

インフルエンザワクチン注射をしたのに、次の日にインフルエンザになって治療に来た方がいる。これは病院で働いている女性から聞いた話です。

 

自分はワクチン注射を何年もしてないけど、1回もインフルエンザになってない。しかし、会社のワクチン接種した人たちは、しょっちゅう風邪をひく。

 

これはもう一人の会社員の女性から聞いた話です。

 

皆さんは似たようなケースを見たことがないですか?

 

ワクチンに関して、ブラックユーモアは山ほどあります。



お店に通っている一人の男性から聞きましたが、彼は情報を調べる時に英語で調べるそうです。そうすると、いろんな西洋薬の副作用などの情報が出てくる。

 

彼が言うのは、ある鎮痛剤(アメリカのスーパーで普通に売っているくらいの薬)に関して、アメリカの博士は厳重な副作用を訴えているそうです。

 

しかし、日本語で検索すると何も出てこない。

 

何年か前にGoogle問題で、中国政府が情報のろ過.遮断があると批判されたことありますが、日本はどうでしょう?

 

一つの助言です。

情報調べたい時は、他の国の言葉で検索して見てください。

 

日本のサイトでは、本当の事実が見えないかも知れないから。