【翻訳文】15年の糖尿病。腎不全。心臓病でバイパス手術。(2018-03-04修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/9-26-06.htm

翻訳文

09/26/2006。男性。80歳。

 

アジア系アメリカ人。

 

3年前に心臓とお腹にバイパス手術をした。

その後、血をサラサラにする薬(ネズミを殺す薬)を飲んでいた。

 

糖尿病は15年。

薬を飲んで血糖値をコントロールしています。

 

初診の時、男性の主訴は以下のもの。

 

西洋医学の先生が言うのは、男性の腎機能はもうゼロに近い。つまり腎不全。

心臓の機能が弱いので、たくさんの西洋薬を飲んでいるけど、何回も危険な心臓衰弱になったことがある。

 

そして、血糖値をコントロールする薬などの影響で、腎臓の機能がとても弱くなっています。

 

(男性は今まで漢方薬なんか知らないし、飲んだこともないです。もし男性が台湾で人工透析寸前だと言われたら、超悪質な台南郭綜合醫院腎臟內科醫師蔡明松は必ず漢方薬のせいだと言うだろう。彼はこの男性がアメリカ人で台湾に行ったこともないのを知らない。台湾料理を食べたこともない。

 

私の診療所には今まで何百人の人工透析の患者さんが来ました。漢方薬飲んで人工透析になった人は、一人もいません。逆に、私の漢方薬でみんな体調がよくなっている。)

 

望診:

 

両足は浮腫んでいて細い。

上半身はとても大きい。特にお腹が大きい。

呼吸は荒くて息苦しい。

左手の内側に内出血の跡が残っている。

これはネズミを殺す薬を飲んでいるから。

 

問診:

便秘。

両足は氷みたいに冷たい。

手はたまに痺れる。

不眠症。

夜中に4回トイレに行く。

昼間でもすごく頻尿。

食欲は良い。

喉は乾かない。

聴力はとても悪い。

体力はない。

体内はとても寒い感じ。

 

脈診:

洪。たまに止まる。

尺脈は大、強く押すと更に跳ね上がるくらい強い。

 

診断は以上で終わり。

 

面白いのは男性との対話です。

読者の皆さん、じっくり聞いてください。

 

私:「漢方薬.鍼灸を試したことありますか?」

男性:「ないです。」

 

私:「これが原因ですね。貴方の心臓のお医者さんはきっと飲ませるために、この薬を飲めば心筋梗塞の予防になると言うでしょう。

 

しかし、貴方は知らない。

この薬を脳外科医に見せると脳外科医の先生は脳出血になり、早く死ぬと言います。

 

こんな矛盾な説、貴方はどう思いますか?”」

 

彼は無言でした。

 

私はまた話しました。

「貴方は心臓病の手術後からこの薬をずっと飲んでました。しかし、何度も心臓衰弱で救急車で運ばれてます。

 

貴方知っていますか?心臓衰弱はこの薬を飲んだのが原因であることを?

 

そうじゃなかったら、なんで心臓衰弱になったでしょうか?」

 

彼は無言でした。

 

私はまた話しました。

「血糖値を下げる薬を15年飲んで、今は両足が氷みたいに冷たくて、感覚もなくなっています。腎臓衰弱にもなっています。

 

貴方の腎臓病の先生は、きっと糖尿病が原因だと言うでしょう。

その先生に聞いいてみてください。

 

先生の話とおり15年も飲み続けてきました。

血糖値はいつも良いです。

 

しかし、今は腎不全になりました。

 

どうすれば正常に戻りますか?

その先生はきっと、人工透析すれば良いと答えるでしょう。」

 

彼は何回も頷いてました。

「貴方の心臓病の先生はきっとダイエットすれば、心臓にとても良いと言うでしょう。”

 

彼は頷いてました。

 

「その先生はダイエットさせてくれましたか?

ダイエットは口で言うのは簡単で、実行するのが難しいです。

 

その先生は何の手伝いもできたでしょうか?

 

一番のダイエットは運動です。

貴方の両足は氷みたいに冷たくて、感覚もなくなっている。

 

万が一、歩いてる時に押しピンに刺されたら、貴方の両足の傷口は治らない。最後は足の切断になって、貴方は人工透析しながら一生車椅子に座るしかない。

 

運動できないから、貴方は更に体重が増えるはず。

 

体重オーバで心筋梗塞になったら、貴方の先生はもう心臓のバイパス手術はできないと言います。

 

何故かというと、腎臓衰弱で手術を受けたら、手術台で死ぬから。

 

その時はどうしますか?

 

手術しないと死ぬ。

手術しても死ぬ。

 

貴方はきっと非常にうつで、抗うつ剤を飲み始めるでしょう。

 

その結果、喜んで自殺をしたがる。

自殺した時、貴方の親族はきっと闘病生活に疲れて自殺したと思う。

 

抗うつ剤の副作用で自殺した事実はみんな知らない。

生から死ぬ日まで、すべての順番、製薬会社は既に組み立てている。

 

このやり方、彼らは何年も使っている。私にとっては、もう見破ってる古いやり方である。

 

以上のこと、貴方は知らないでしょう?」

 

彼は私の話を聞いてすぐ隣りの奥さんに話してました。

「今日から西洋薬を止めて、この先生の話通りにする。

以前から製薬会社の罠にかかっていたと思ったら、今日やっと詳しい答えが聞けた。」

 

このおじいちゃんは賢い類である。

 

治療方法:

針のツボは以下のとおり。

三皇。復溜。公孫。内関。巨闕。関元。水道。中脘。

背部は心兪、肺兪、腎兪、京門。

 

針をとったら、彼は急いでトイレに走ってたくさんの小便をしました。

 

処方箋には加工したトリカブト20g、芍薬40gなど入れました。

彼は人生初で中医学の先生の治療を受けてます。

 

私は必ず彼が残りの人生で、中医学の素晴らしさをあちこちで言うようにします。

 

彼はきっと子孫に同じミスをするな!と言うでしょう。

 

このような患者さんは毎日溢れてます。

 

私の診療所では珍しい者ではない。

私は言ったことがあります。

 

アメリカに来たのは、中国人を誇りに持てるようにするため。中国の伝統文化を宣伝する為です。誰かの奴隷になるためではない。

 

今週の土曜日、私はディズニーのプライベートパーティに参加してきます。

最高責任者から部下まで私の患者さんです。

 

彼らは病気になったら、私の指示通りにしてます。

彼らは西洋医学を知り尽くしているから。

 

彼らは私にギターを持ってくるように話してました。

 

皆さん、想像してみてください。

一人の中国人がアメリカ人の前で、英語で彼らのよく知っている名曲を歌う。しかも、彼らの西洋楽器で。


彼らはどう思うでしょうか?


外国人が古琴など引きながら、中国語の歌をうたうのを見たことないでしょう。


見たことあったら、どんな感じだったでしょう。


もし、世の中の人がみんなできたら、なんの戦争もありません。


彼の奥さんは帰る前に、主人が良くなっているかどうか、どう判断するかを聞いてました。


私の答えは:

「漢方薬を飲んで、両足が更に冷えて感覚がなくなり、体内の冷えがもっと酷くなったら、漢方薬を止めていいです。効果がないから。

 

逆だったら良くなっていること。

 

一円も払わない自分でチェックできる検査法です。簡単で確実。

 

我々中医学は5000年以来、誤診したことがありません。

安心してください。」