【翻訳文】HIV陽性・エイズの裏話

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180416/20180416115253.jpg?1523847194

 

こんにちは。 李哲です。

今日はアメリカの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

如果你或者你的朋友被诊断为HIV阳性或者艾滋病_郑智城

翻訳文

HIV陽性若しくはエイズだと診断されたら、慌てないでください。

 

ほかの実験室で同じ測定すると、全然違う結果が出るかも知れません。

 

ほかの実験室すら必要がないです。

同じ実験室のもう一人の検査員にやってもらっても、真逆の結果が出ます。

 

いわゆるHIV検査というのは、とても主観的なギャグ。

こうでも言える。あのようにでも言えるものです。

 

現在、業界通用のHIV若しくはエイズ測定方法を、『Western Blot』と言います。

あとの説明で分かりますが、この測定方法は結果がとても緩い方法。

 

つまり、この測定方法はわざとこのように設定されています。主観的な意見で解釈ができるように。

 

一人の末期のエイズ患者さんは、HIV測定で9個のバンド(Band)が現れます。しかい、80年代は1個のバンド(p24)があるだけで、HIV陽性だと診断されました。

 

問題は40%の健康な男性でも、1個若しくは1個以上のバンドが現れる時がある(主にp24)。

 

そして何年後にはFDAもその過ちに気づいて、測定の基準を一つのバンド以上に引き上げました。

 

つまり、貴方は一つのバンドが現れてもHIV陽性だと診断できない。1個以上でないとダメです。

 

これだと科学的根拠になりそうですね。

しかし、問題はまだあります。

 

その前にHIV陽性だと診断された患者さんは、もう一度測定してくださいと言われてないのです。

 

一つ例をあげます。

もしFDA1993年の測定基準をもとにしたら、20%のエイズ患者さんは誤診です。彼らは完全に健康な人たちである。

 

でも、彼らはまだまだHIV陽性だと言われ、高価な劇毒物の化学薬品を飲み続けています。

  

House of Numberでこんなシーンがあります。

同じ実験室の二人の研究員が、サンプル測定結果でもめてました。

 

一人は2つのバンドでHIV陽性だと診断できると主張。

もう一人は3個のバンドから陽性だと診断できると主張。

同じ実験室の二人なのに!

 

貴方はきっと質問するでしょう。

なぜHIV陽性の診断基準を統一しないのか?

西洋医学は自分たちが標準化した、科学的なものだと言うでしょう?

 

誰もなぜかが分かりません。

 

でも、ちょっと考えれば分かります。

西洋薬の製薬会社の最大の利益は何?

 

診断基準をなるべくゆるくして、最大限の患者さんを作り出す。

みんな製薬会社の顧客になり、みんな製薬会社の卵を生む鶏になってくれる。

 

もっと巧妙なのは、高価な化学薬品を飲んだ後、貴方が本当にHIVか偽物のHIVか関係なしで、エイズの症状が出ます→免疫力の極度の低下

 

こうすると、製薬会社も言い訳ができます。

「おい!ほら~みて。貴方は本当にエイズだよ。貴方の症状は、全部免疫力低下のエイズの症状に合うんだよ。」

 

エイズになったからこんな症状が出たのか。

劇毒物の化学薬品を飲んだせいで、こんな症状が出たのか?

 

皆さんは抗がん剤療法の例を見れば、答えがすぐ分かります。

李哲の感想:

エイズに関して、ニハイシャ先生は少し詳しく説明しました。

 

li-hari.hatenablog.com

 

エイズ.HIV陽性に感染されたら、人生が終わりのようなイメージですが、それは大間違い。

 

中医学の診断基準から見ると、HIV陽性はなんの致命的な病状はありません。

 

ニハイシャ先生は言いましたが、エイズは西洋薬の製薬会社が作り出したもの。過渡な恐怖感を煽り立てて、劇毒薬を売りつけている。患者はエイズで死んだのではなく、エイズ治療薬に殺されている!

 

西洋薬の製薬会社は、本当に商売上手ですね。

 

ちょっとした事でもすぐ重病.難病だと診断される。そして、劇毒物の化学薬品を飲むと、西洋医学でいうエイズ.HIV陽性の症状が出るのです。

 

だから、最初から最後まで、西洋医学のいわゆる診断とか受けないほうが良い。

 

何かしらレッテル貼られ、死ぬまで薬を飲まされるから。

それで最後まで生きるなら良いけど、途中で副作用に殺されている人が大半。

 

長生きしたいなら、自覚症状を治してくれる中医学を探してください。

 

もう一つ!

長生きしたいなら、病院から離れること。

li-hari.hatenablog.com