【翻訳文】 甲状腺機能亢進症(バセドー病)の中医学治療

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の弟子が投稿した治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/studentcase5.htm

翻訳文

●温さん、女性、23歳。痩せ型。

 

来診日にち:

1997年4月5日。

 

来診原因:

頸部の甲状腺が7~8cmの範囲で、厚さ1cmくらい腫れている。

動悸がする。

 

(西洋医学の診断では、甲状腺機能亢進症。西洋薬を1ヶ月飲んできたけど、今は友人の紹介で漢方薬を飲み始め、西洋薬を止めています。)

 

問診:

睡眠と食欲はまだ良い。

大便は1日1~2回。先に硬いのが出て後は柔らかい。

小便の色は少し濃い黄色。

喉は渇く、冷たい水が飲みたがる。

汗は出やすい。

手は温かい、額は熱い。普段は身体が暑がり。

足は温かい。

疲労感ある。

生理の周期は正常、腰は重だるくない。

 

(患者さんのお母さんは漢方薬をどのくらい飲めばいいかと聞かれました。

 

私は逆に質問しました。

「西洋薬は何年で治ると言ってました?」

 「2年です。」

 

私は答えました:

「漢方薬は1年9ヶ月。」

 

西洋薬より3ヶ月早いから、文句も無いだろうと思いましたが、患者さんのお母さんは顔をしかめてました。

 

私はすぐ強調しました。

「煎じ薬は治りがもっと速いです。でも、自腹になります。」

 

患者さんが言うのは:「普段は仕事しているから煎じ薬は不便です。」

 

私は思いました。

すべて言い訳!

患者さんは煎じ薬がまずいし、自腹だから、保険が効く粉薬にしたがるだろう。粉薬でダメだったら、また煎じ薬を考えれば良い。)

 

脈診:細数。

舌診:淡黄湿。

望診:目玉が少し出っ張っている。

眼診:無(5月中旬にアメリカに行って研修するので、その時は学びたい)

 

診断:体内湿熱、心臓の陽気が足りない。

 

処方箋:

消瘰丸の加減。

3x6p.c

食後。

(ニハイシャ先生がよく使う処方箋を忘れて本当にヤバイ。患者さんが帰ったあと調べてたら、散☓☓☓湯若しくは桂枝甘草湯のアレンジだった。)

 

辛いものと冷たいもの、刺激的な飲料は飲まない。夜更かししないで下さいと教えました。

 

f:id:li-hari:20180523194937j:plain

消瘰丸(しょうるいがん)のメインの生薬:牡蛎(ぼれき、カキのガラ)


●1997年4月12日。

2回めの診察。

 

夜の悪夢が多い、心臓の動悸がまだある。

 

処方箋は消瘰丸に、散☓☓☓湯のアレンジしたのを追加。

3×9p.c

 

●1997年4月22日。

3回目の診察。

 

口が渇くのが減って、身体の暑がりも減った。大便は少し硬くなった。

 

処方箋は前回と同じ。

 

●1997年5月3日。

4回目の診察。

 

動悸がまだある、測ってみたら1分に心臓が92回動く。

 

処方箋は桂枝甘草湯に、散☓☓☓湯のアレンジしたのを追加。

 

3×9p.c

 

f:id:li-hari:20180506105038j:plain

甘草(かんぞう)の画像

●1997年5月10日。

5回目の診察。

 

動悸は変わらない。

心臓の拍動は1分間に93回。

頸部の甲状腺の腫れは相変わらず。

 

処方箋は生脈散+散☓☓☓湯のアレンジしたもの。

 

3×9p.c

(5月18日に研修に行くので、早めに来て漢方薬をもらっても良いと教えました。)

 

●1997年5月17日。

6回目の診察。

 

この2日鼻づまり、くしゃみ、鼻水が出て、喉には痰がある感じ。

(頸部の甲状腺の腫れは少し引いたけど、患者さんは特に気づいてない。)

 

処方箋は炙甘草湯+風邪の漢方薬+散☓☓☓湯のアレンジしたもの+柴胡+半夏。

 

3×9p.c

 

(甲状腺は三焦の属しているので、柴胡と半夏を入れました。)

 

f:id:li-hari:20180506112250j:plain

半夏(はんげ)の画像

●1997年6月21日。

7回目の診察。

 

鼻づまり、くしゃみ、鼻水はなくなり、喉にはまだ痰がある感じ。

 

(頸部の甲状腺を見たら、範囲は3~3.5cm、厚さは0.5cmくらいに縮小。今度は患者さんはだいぶ良くなったと言ってました。

 

そして、彼女は一つ不思議な症状があるそうです。

 

5月17日の処方箋を飲んで風邪は治ったけど、5月10日にもらって余った漢方薬を飲んだら皮膚が痒くなる。

 

彼女の目をよく見たら、肝臓の区域は大丈夫、腎臓も大丈夫。

 

5月17日の処方箋を飲むと痒くなりますか?と聞いたら答えは:いいえ。

 

5月10日の処方箋を飲んで17日前まで、痒くなってますか?答えは:いいえ。

 

5月10日の漢方薬は全部飲みきったのですか?

 

答えは:「先生が研修に行くので、毎日飲み続けてました。毎回痒くなるけど、湿疹が出るほどでもない。そして、5月17日の処方箋も飲みきりました。でも、その時は痒くなってない。」

 

話を聞いて、急に分かりました。

これがいわゆる中の病気が表に出る症状。

 

(ニハイシャ先生がいう最後の一歩。太陽症です。)

 

処方箋は、前回と同じ。

 

●1997年7月2日。

8回目の診察。

 

睡眠と食後はまだ良い。

大便は1日1回。たまに硬くなったり柔らかくなったり。

喉は渇く、冷たい水が飲みたがる。

汗は出やすい。手は温かく額は熱い、身体が暑がり。足は温かい。

生理は7月2日に来た、生理中にお腹が少し痛い。

心臓の拍動は1分間に93回。

 

舌診:舌根部は舌苔が白。

(ニハイシャ先生から聞いたけど、舌根部は上焦)

 

(頸部の甲状腺は4~4.5cm、暑さは0.5cmくらい。

 

「氷水は飲みますか?」

「最近熱いのでよく飲みます。」

 

「夜更かしは?」

「1時に寝てます。」

 

「なんで同じ漢方薬を飲んでいるのに、また腫れてきたかを知っていますか?」

 

彼女の答えは:「いいえ、分からない。」

 

貴方が氷水を飲んで、夜更かしをするからです

早めに治したいなら、生活習慣を変えないといけない。

今後もし風邪を引いたら、必ず中医学の治療を受けなさい。

 

西洋医学の治療を受けると、表の風邪が体内に閉じ込められて、胃腸と肝腎も傷つけて貴方の病気は悪化します」

 

この患者さんの治療例で私は以下のものが分かりました。

 

1.甲状腺機能亢進症の一部は、表の風邪が体内に入ったか若しくは同時に体内と体外が病気になった時。

 

以前はちゃんと治せなかったので、この現象が分からなかったけど、今度はニハイシャ先生のお陰で分かるようになりました。

 

2.研修に来れなかった学生さんも分かりますが、正しい医学を習えば研修に来れなくても、以前治した事がない病気が治せます。

 

3.粉薬の発明は、良い事だとは思わない。

便利は便利ですが、早めに病気を治すことができない。

 

これで民衆は漢方薬は効き目が遅いと勘違いするのです。

 

4.中医学の治療は、いろんな要素を考えないといけません。

 

この患者さんみたいに、飲食生活習慣は完治ができるかを決定します。

 

中医学の寒熱の概念は、再びその大事さが検証されました。

 

5.この治療例で、私は「鹵能軟堅」の意味深さが分かりました。

神農本草経に書いた文字は、本当に名言です。

弟子 趙医師 敬書

 

 倪海厦(ニハイシャ)先生の評論:

 

趙医師は非常に謙虚な先生です。

 

経方の未知に進んでから、病気を治す考え方が変わり、読者の皆さんもご存知のように彼はレベルアップしています。

 

将来はきっと地方の有名な中医師になるでしょう。

 

我々チームにはたくさんの人材がいて、本当に嬉しいです。

李哲の感想:

甲状腺疾患は原因は心臓にあります。

だから、不眠症.動悸などの症状がある。

 

上の患者さんは手足がまだ冷たくなかったので、心臓の回復が早かったでしょう。

 

もし、手足が氷みたいに冷たかったら、またトリカブトなどの登場でしょうね。

 

鍼灸の場合は、動悸を治す有力なセットは内関+公孫。あとは、心兪も必要です。

 

心拍数がとても早い人は、神門が効果的。

(当たり前ですが、ちゃんと刺せなかったら、もちろん効果が減ります)

 

以前、心房細動で心拍数がすごく速い方を治療した事がありますが、当時の腕が足りなくて治療が中止になりました。とても悔しかったです。

 

今は同じ悔しみがないように、毎日勉強を続けています。

 

昔大好きだったジェット・リー(李連杰)は現在、バセドー病ですごい顔の形まで変わって苦しんでいるそうです。

 

本当にお気の毒です。

西洋医学の治療より、中医学治療の方が優れているのに。

 

有能は漢方医.鍼灸医に出逢える事を祈ります。