鍼の響きと経絡の流れ

こんにちは。李哲です。
今日は施術中に起きた面白い話を紹介します。


1.ある女性。

中脘を刺して少し回したら、「左の鎖骨と首肩の方まで来ている。ちょうど肩こりに良さそう!」と言ってました。


足陽明胃経は鎖骨の上(肩の前方)に缺盆穴があります。


中脘は六腑の募穴で、胃腸とも関係が強い。

だから、肩につながったでしょう。


2.ある女性。

陰陵泉穴を刺して少し回したら、「足の小指まで響く。」と言ってました。


陰陵泉穴は足太陰脾経の合穴で、足太陰脾経は親指を通ります。

なぜ足の小指まで響くかは、私にはちょっと分からないですね…


3.復溜穴(ふくりゅう)。少し回したら「腰まで響く!」と言う人が少なくありません。


腰は腎臓が管理している。

復溜穴は腎経の母穴で、腎を養う作用があります。だから、腰まで響きがあったでしょう。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180328/20180328013506.jpg?1522168543

 

4.足三里穴は鍼を回すと、足の甲まで響くとよく言われます。

特に前脛骨筋のところは、すごく響く(自分に刺した感覚です)。

 

足三里穴は胃経のツボで、胃経は足の甲を通って趾の2番めと3番目の間を通ります。

だから、足三里穴の響きが足の甲まで伝わったでしょう。


4.腎兪。腰からお尻、ふともも、ふくらはぎを越えて、足首の付根までジンジンすると言われました。


腎兪は膀胱経のツボで、膀胱経は頭から足までつながっているとても長い経絡です。

だから、腎兪の刺激で足までジンジンしたでしょう。


中国語ではこれを【経絡感伝現象】を言います。

この現象は、経絡の存在を証明する一つの証拠。


響きがどこまで伝わるのは、その人の生まれつき体質と現在の体力の強さによります。


生まれつきで、経絡に敏感な人ほど遠くまで響きが伝わる。

体力があるほど、響きが海の波みたいに遠くまで伝わりやすい。


だから、臨床では誰でもこのような反応が出るとは限らないのです。


治療効果から見ると、響きが強くなくても効果はちゃんと出るので、わざわざ強い響きを求める必要もないですね。