5回の鍼で解決した膝痛。

こんにちは。李哲です。

今日は私の施術記録。

 

一人の筋肉隆々の男性。

ほかの症状で鍼治療に通ってましたが、今回は特別な症状を訴えてました。

 

右膝が痛い。

以前から右膝に違和感があって、正座する時に右膝だけ違和感を感じる。

 

最近は、右膝の内側と真正面が痛い

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180406/20180406155333.jpg

 

2018-5-4

膝周りの鍼をしました。1回目。

 

刺したツボは右の足三里、内膝眼、外膝眼、鶴頂、陽陵泉から陰陵泉につなぐ(3寸の鍼で)。

 

2018-5-11

2回目。特に感想なし。

 

2018-5-18

3回目の膝痛の施術。

 

鍼する前に、彼が言うのは「前回の鍼をしてから、右膝はほぼ大丈夫です。」

 

念のために、3回目の鍼をしました。

 

2018-5-24

4回目の膝痛の施術。

彼が言うのは、膝痛は8割良くなって、あと2割くらい違和感あるくらい。

 

2018-5-31

5回目の施術。

彼が言うのは、前回の鍼をしてから90~95%良くなった感じ。

 

面白いのは、彼が施術後に言ったのが、「今日膝周りの鍼を刺した瞬間に分かりました、膝はすごくいい感じ。もうこれで治る感じです。」

 

私も今回で膝痛は消えると思いました。 

ただし不思議なのは、なぜ彼は鍼を刺した瞬間に分かるか?

 

ほかの治療のついでに膝痛も解決。一安心しました。

 

私のおばさんは、1回で膝痛を緩和したけど、誰でも1回で解決できるとは保証ができません。

li-hari.hatenablog.com

 

彼の膝痛の原因は、筋トレで膝を痛めたから。

 

彼が言うのは、300kgのおもりを両足で動かすそうです。

すごいと言うしかない。

 

筋トレは体に良いですが、やりすぎは避けてほしいですね。

 

ただし、やりすぎて膝を痛めた場合、鍼ですぐ治療ができるのです。

 

筋トレ、若しくは激しいスポーツ・事故で膝を痛めた。

膝の軟骨がすり減って痛い。

 

理由を問わず、膝痛であれば鍼は効果があります。

 

2~3回で膝痛を治した経験は少なくない。

治療回数が多い人もいますが、これは別の原因があるからです。(腎機能低下が主な原因)

 

一般的な膝痛は、若ければ若いほど、ビックリするくらい早く治ります。

 

西洋医学では膝痛が治せないので、ヒアルロン酸を膝に注射したり、がん細胞の飯になるサプリを処方したり。

 

最新技術は人工関節置換術。

 

この人工関節置換術で入れるのは、金属製の部品なので有効期限があります。だいたい10~20年。(今はテクノロジー発展で、もっと長持ちすると言いますが、本当の話は分かりません。)

 

50代で手術を受けると、60~70代のときは再置換術を受けるしかない。

 

その時あなたは体力がなくて、手術を受けられない場合、残りの人生は車イス生活。

 

人工関節置換術のあとは、いつもの膝と違います。

うまく曲がれないとか別の痛みが生じたり、いろいろ問題があるので、リハビリがまた必要です。

 

もう一つのデメリット。

膝には10~20cmの傷口が残る。

 

しかし、鍼治療のあとは、痛みも消えていつものヒザに戻る。

完全にあなたの意志通りに動く、生まれつきの膝です。

 

もちろん、傷口も残りません。