生理出血が異常に多いのが治った例(その1)(2018-03-10修正)

f:id:li-hari:20180321014646p:plain

こんにちは。李哲です。

今日は生理の出血が異常に多い女性の例です。

 

彼女が最初来たとき一番の悩みは、生理の出血が期間が長くて量が多すぎ。

 

期間は10日以上続く。

一ヶ月の半分は出血だそうです。

 

量はどのくらい多いか。彼女の話では:

「一番大きい生理用品でも1時間で満杯になり、変えるしかない。」


そして伴う症状は、元気が出ない。

いつも疲れている感じ。

 

あんなに出血したら、貧血にもなるし、元気がないのも当たり前ですね。


ほかに首こりとか肩こりとかあったけど、上の症状と比べたら小さいもの。

足つぼと整体を始めて7回目のとき、彼女は嬉しい報告をくれました:

 

「6回目から生理の量が、半分くらい減っています。たったの6回で減るなんて、ビックリしました。」

 

彼女より私のほうがビックリしました。

もっと回数がかかると思ったけど、短縮ができて。

 

なぜこんなに出血が多いか。

いろいろ話を聞いて分かりました。

 

彼女は大きい子宮筋腫を持っています。

1個だけではなくて何十個。

 

一番多きいのは10センチくらい。

ほかの小さいやつはサイズがバラバラ。子宮の周りに星みたいに散らかっています。

 

子宮のサイズは決まっているのに、たくさんの筋腫が場所を占めている。こうすると不正出血になるわけです。子宮けい癌なども不正出血があります。

 

なぜこんなにたくさん子宮筋腫ができたか。

病院側は教えてくれなかったそうです。

 

原因も教えないのに、「すぐ切りましょう!」の薦めはたくさんする。

 

彼女は「痛くも痒くもないのに、切るのは嫌だ!」。そして、ほかの自然療法を調べて、お店まで来たのです。

 

子宮筋腫だと言われて、「小さいうちに切れば、すぐ治るから切りましょう!」の薦めに騙される患者は少なくはないです。なぜ筋腫ができたか?を聞こうともしない。

 

しかし、彼女みたいに「なぜ切る必要があるか?」と疑い始め、根本的な原因を探す人はすぐ切りません。子宮筋腫25cmの患者 で書いた女性も同じ。

 

彼女の子宮筋腫の主な原因は、

小さい時から飲まされたサプリメント.乳製品。

 

以上の毒を30年以上飲んでました。

 

因果関係があるのを、どうやって証明するか。

 

簡単です。

 

1.子宮筋腫.乳がん.子宮けい癌がない女性に、サプリと乳製品を毎日与える。10年くらいで癌になる確率がどのくらいかを検証する。

 

2.すでに子宮筋腫.乳がん.子宮けい癌になった女性。何%の患者がサプリ.乳製品を取ってきたかを統計する。(私が統計したのは100%!)

 

3.すでに子宮筋腫.乳がん.子宮けい癌になった女性から、サプリと乳製品を止めさせる。食べさせない。

そして2~3年くらいで、どのくらい小さくなるか検証する。

 

以上の検証。科学的ではないと反論する方はいないでしょう?

 

しかし、外国の患者はすでに検証しています。

少なくて乳製品は乳がんの元になる。

それでも疑うでしょうか?

 

~続く~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com