2週間で更年期障害症が治り、10kgもダイエットできた女性患者…etc(2019-03-21修正)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文です。

 

本文のリンク先は、

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

2週間で全身が熱い更年期障害が治り、過食症の食欲が収まった

09/09/2005、雨。

 

一人の女性。

2回目の診察です。

初診は8月29日。

 

最初来た原因は、更年期障害で全身が熱い.肥満症。

 

彼女が飲んでいる薬は、

  • 女性ホルモン剤
  • 関節痛の薬
  • 甲状腺亢進症を治す薬
  • 消化不良の薬
  • 逆流性食道炎の薬…など

 

彼女の自覚症状は

  • 不眠症、夜眠れない
  • 食欲過剰で、たくさん食べる
  • 昼でも夜でも体が熱い

 f:id:li-hari:20180615171814j:plain

 

初診の日に、私は彼女にその日からすべての薬を止めるように指示しました。

 

私のHPを良く読んでいる読者の皆さんは、きっと何でかが分かるでしょう。 

簡単に言うと、彼女は長年の女性ホルモン剤を飲んだけど、いまだに不眠症で困っています。

 

女性ホルモン剤は役に立つところか、心臓の働きがおかしくなり、夜も眠れなくなるのです。

 

私は処方を出す時、彼女に話しかけました。

「あなたの病気を治すのは難しくないです。

難しいのは、西洋薬の副作用。

そして、あなたが西洋薬を止めたら悪くなるのではないか?の心配。」

 

彼女の答えは、

「西洋薬を飲みたくないから、先生の所に来ました。」

 

初診の時、処方したのは石膏4両、もちろん他にもいろんな生薬を入れてます。

 

今日再診に来た時、彼女の話を聞いたら、

  • 睡眠はとてもよくなった
  • 関節痛は消えている
  • 更年期障害の熱がりは治った
  • 情緒不安定は治った
  • 体力は戻っている

 

彼女が一番喜んだのは食欲が大分落ちて、今はそんなにお腹が空かない。同時に逆流性食道炎も治りました。

 

これが中医学のすごい所です。

 

西洋医学は寒熱の概念がない。陰陽が分からないので、行動した結果は目的と真逆になるのが多い。

 

彼女の例は、心臓の調子を整えば他の問題も一緒に治っています。

 

逆流性食道炎は、西洋の人たちが自分で作り出した病気。
西洋の人たちは、よくデザートとコーヒーを飲んでいます。

しかし、彼らが使うのは人工砂糖が入った甘いもの。台湾で使うのは砂糖ギビです。

 

人工的な砂糖は酸性だけど、砂糖ギビはアルカリ性。

 

だから、西洋の人たちの胃酸問題があるわけです。

 

ここから笑い話です。

西洋医学の診療所にはたくさんのお菓子.コーヒーを置いていて、患者さんに無料で配っている。そして、みんなが逆流性食道炎を抱えています。

 

患者は診療の時、胃酸問題を訴えている。

診察する先生も患者さんと一緒に、逆流性食道炎で気持ち悪くなっている。

 

なぜなら、お医者さんも患者さんもみんな同じコーヒー.お菓子を食べているからです。

 

病気になった人と、病気を診る先生が試合しています。

誰の胃酸が一番多かったら、誰が一番コーヒー.お菓子を食べた人。

 

最後はみんな中医学の先生の所に来てる。

みんな患者だから。

 

f:id:li-hari:20180529163436j:plain

 

女性ホルモン剤で脳下垂体腫瘍になった患者

前回、話した女性患者。

女性ホルモン剤を3年服用してから脳下垂体腫瘍になり、成長ホルモンのバランスが崩れました。結果は鼻が長くなり、顔が長くなって、四肢の末端が肥大化している。

 

現在はまた脅かされて、月4万ドルの薬を飲まないといけない。

 

成長ホルモン製剤で、てんかん発作を起こした子供

昨日診た患者さん。

女の子14歳。

 

身長が低いのが悩みで、西洋医学の先生に診てもらったら、成長ホルモン剤をもらいました。

 

飲んだ結果は、伸びてほしい所が伸びない。

伸びてほしくない所が伸びてしまいました。

 

人が上に伸びるのではなく、横に伸びたのです。

 

それだけではなくて、薬の副作用で癲癇(てんかん)まで発症。

発作する時の声は、牛の声と全く同じ。

 

私が検査したら、

  • ふくらはぎが牛みたいに太い
  • くるぶしが膝なみに大きい
  • 両腕が発達して牛みたい
  • 顔の形も牛みたい
  • 癲癇(てんかん)発作の時の声まで牛みたい

 

どう見ても牛みたいです。

 

私が判断したのは、彼女はきっと牛のホルモン剤を飲んで牛みたいになっている。

  

読者の皆さん、患者はどうしたら良いでしょうか?

 

この前後の例、西洋医学の製薬会社はみんな賠償すべきです。

しかし、事実は違う。

 

台湾とアメリカのFDAは、みんな製薬会社のもの。

民衆はやられても訴訟する所がない。

死ぬまで被害者になる。

しかも、死ぬ前にたくさんの医療費を払わないといけない。

 

現在この二人は私の診療所で治療しています。

私は本当に怒って、血を吐きそうです。

 

西洋薬のデタラメっぷり、一般人には想像できない。

たまに被害者になっても分からない。

 

子供の脳腫瘍、白血病はワクチンの副作用

今日台湾からFAXがありました。

12歳の子供が悪性脳腫瘍になって、抗がん剤を受けているそうです。

 

子供の親は知らないでしょう。

子供が悪性脳腫瘍と白血病になったのは、小児麻痺ワクチンなどの副作用。


そうじゃなかったら、まだまだ若いのに、何でこんな病気になりますか?

 

西洋医学の先生に聞いてみてください。

答えは千篇一律:知りません!

 

本当は、事実が話せない。

一旦言っちゃったら、大変な賠償額になる。

 

それだけではなくて、現在は無効であるのを知りながらも抗がん剤をすすめる。

 

読者の皆さん、西洋医学の先生に聞いてみてください。

悪性脳腫瘍治療で抗がん剤は有効ですか?

 

台湾の子を助けられない私は、本当に嘆くしかないです。

 

便秘、尿が出ない患者、2週間で10kgダイエット

ロサンゼルスに住んでいる女性患者。

診療所に来れず、FAXに頼って治療した患者です。

 

彼女はレストラン経営で、ずっと立ちぱなし。

何年か後に全身のむくみで、小便が出にくくなって、階段を登るのも難しくなりました。

 

彼女は友人の紹介で、こちらに連絡きました。

 

主な自覚症状は、

  • 便秘
  • 小便の量が少ない
  • 頻尿
  • 汗が出ない
  • 甘いものが大好き
  • 手足は氷みたいに冷たい
  • 仰向けで寝た後に起きられなくて、救急車を呼ぶ時もある
  • 西洋薬の利尿剤を飲んでも尿が出ない

 

私がこの例を挙げたのは、西洋医学は陰陽の概念がないから、西洋薬が効かない。

 

中医学の理論では、陽気が詰まると体は浮腫みます。

このような病気、傷寒論の処方をよく使う先生とっては簡単。

 

(ダメな中医学先生を叱る所は省略)

 

彼女は漢方を飲んでから、体内で気が回るのが分かるくらい。そして、体がとても熱くなった。

 

汗が出た後、小便は一日20回も行って、体重は毎日減り、2週間で10kgも減りました。それ以外に、体力はだいぶ回復しています。

 

彼女は「漢方がこんなに良いとは思わなかった!」とビックリしています。そして、周りの人に中医学の素晴らしさを宣伝しています。

 

読者の皆さん、以上の問題があったら、中医学の先生に診てもらってください。きっと良い結果が出ます。