頻尿なのに出が悪い。トイレが我慢できない(1)(2018-02-21修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180623/20180623163608.jpg

 

こんにちは。李哲です。

今日は私の鍼灸治療例です。

 

男性。51歳。

 

主訴は頻尿なのに出が悪い。トイレが我慢できない。尿が貯まると痛い。お尻がはる。左の腰が痛い(夕方になると)。

 

以下は問診で分かった内容です。

 

寝付きは良いが、夜中にトイレに1~2回行く。

小便の色は透明。

 

手足は寒い方。

朝たちはない。

 

頻尿なのに出が悪い症状は半年前からあって、2種類の西洋薬を飲んだ。一つは尿が出ないようにするやつ、もう一つは尿を出す西洋薬。

 

小学生の時に急性腎炎で入院し、2ヶ月毎日点滴して治した。

 

冷えは50過ぎてから気づいた。

 

病院の検査では特に腫れてないので、前立腺がんの疑いはない。膀胱結石、腎臓結石もないと言われた。

 

運動は休日に野球をするくらい。

仕事で週3回お酒を飲んでいる。

 

彼の症状は、ぱっと聞いた限り矛盾があります。

 

尿が漏れて勝手に出るのに、トイレに行くとまた出づらい。

 

普通は尿閉、若しくは尿崩症だけど、彼は同時に真逆の2つを兼ねているのです。今まで診たことがないタイプです。

 

私の判断は、腎臓と膀胱の陽気が足りなくて、尿を貯める事も勢い良く出すこともできない。

 

最初は足つぼ整体を3,4回受けたけど、1回目だけすごく効果があり、もう治ったように思ったそうです。

 

残念ながらその後はあまり変化なし。

 

足つぼ整体を止めて、8ヶ月後に初めて鍼に来ました。

 

2016年12月9日。

1回目の鍼。

 

彼が言うのは、尿の切れが悪い、頻尿、尿が我慢できない、尿が漏れる。

 

尿がもれないように考えるだけで精いっぱいで、他の辛いところは一切分からない状態。

 

漢方薬局で猪苓湯(ちょれいとう)をもらって5ヶ月飲んだけど、結果は出てない。

 

最初に刺したツボは関元、中極、気海穴、巨闕、復溜、陰陵泉穴、三陰交、腎関(これは董氏奇穴)。

 

いずれも尿をもっと出すように、腎機能.膀胱の機能を強化するためのツボです。

 

帰りに中極穴にせんねん灸(生姜入りタイプ)を9個やることを勧めました。

 

彼が言うのは、鍼が終わったあと、お腹が少し暖かくなった。

 

2016年12月13日。

 

尿がもれるのが我慢できなくて、パッドをつけないと仕事の会議にも参加できない。我慢してその後トイレに行くと、今度は尿が出ない。

 

お灸をやっているけど、効果がまだ分からない。

 

今日はもう少しツボを増やして、強化することを狙いました。

 

2016年12月23日。

 

昨日は5時間寝て、1回も起きなかった。

ただし、朝は尿意で目が覚めるけど、トイレに行くとあまり出ない。

 

昼の頻尿は減っている感じ。

 

彼は前よりは進歩していると言ってました。

 

12月末までは毎週1回のペース。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com