B型肝炎ワクチンの裏話(2018-02-19修正)

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

乙肝疫苗背后那一盘烂污账_郑智城_新浪博客 

翻訳文

余談話はあとにして、先に情報提供します。

 

中国の衛生管理局のHP情報によると、

①我が国のB型肝炎ウイルスの携帯者は約7.18%を占める。

B型肝炎ワクチンの接種後、約80~95%の人は免疫力が付いて、ワクチンの有効期間は20年。

 

パット見た感じだと効き目がある感じですね。

しかし、問題点は資料によると、B型肝炎ウイルス感染症の約95%は自然治癒できる!

 

これは冗談じゃないですか?

ワクチンがなくても、95%のB型肝炎ウイルス感染者が自然治癒する。

 


 

現在、全国民にワクチン接種して、しかも3回も打って免疫力が付くのがわずか80~95%?

 

すごい力を入れてワクチン接種後には、100%でなくても99.99%の免疫力がつくのではないでしょうか?

 

本当に言葉を失います。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180401/20180401155641.jpg

 


 

B型肝炎はそんなに怖いものか?

怖すぎて生まれた日にワクチン接種しないといけないのか?

 

先に、B型肝炎の伝染ルートは体液です。

つまり、血液若しくは精子など。

日常生活で身体のふれあい、くしゃみ、握手、キスなどでは感染されません。

 

アメリカのCDC(疾病管理センター)が言うのは、

B型肝炎になりやすい人たちは3種類。

①静脈注射の麻薬中毒者。

②売春者。

③お母さんがB型肝炎ウイルスの携帯者。

  

B型肝炎が感染されやすい時期は20~30歳。

つまり、麻薬中毒者と売春者たちの全盛期。

 


 

となると、なぜ生まれたばかりの赤ちゃんも葬られる必要があるでしょうか?

 

どのお母さんが自分の子がおとなになって、麻薬中毒者.売春者になると予測して、このワクチン接種をするでしょうか?

 

母体感染に関しても、出産前に必ずお母さんの健診があるので、B型肝炎携帯者であるかがわかります。

 

なら、なぜ90%以上のウィルスを持ってないお母さんも、一緒にワクチン接種しないといけないのか?

 

これは非常に論理思考に合わない。

利益をもらうのは、製薬会社のボス以外、他に誰がいるのか分かりません。

 


 

もともと、当時この政策を作った官僚たちは、20~30歳の人たちは話を聞かないからワクチン接種してくれない。だから、弱者からやっつけよう。妊婦さんと新生児から始めて一緒に片付ける。 

 

このB型肝炎の危険度は?

 

事実上、95%以上の感染者は自然治癒します。 

95%以上の感染者は自然治癒!

 

残りの5%の運が悪い人は、一部分は20~40年で肝硬変若しくは肝臓がん。

 

統計によると、B型肝炎と肝臓がんの関連性は最も大きい。

1%の感染者の中で、2割の人たちは急性感染で命に危険がある。

 


 

ワクチン接種後には、何の副作用があるのか?

 

2008年ニューヨークStony Brook州大学病院の研究報告があります。

2000年以前に3回のB型肝炎ワクチンを接種した1824人の子供、1~9歳。

 

この研究報告によると、ワクチン接種した男の子が智力障害(特別教育が必要、自閉症)になる確率は、ワクチン接種してない男の子の9倍。

(ここは2000年前のB型ワクチンに、まだ防腐剤として入れた水銀と関係があると思います)

 

本文データの源は、

WhatYour Doctor May NOT Tell You About Children'sVaccines. Page 121