【翻訳文】アギョウ(阿胶)は何でこんなに高いのか?犬すら大好きだから。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカ開業医(中医師):鄭智城先生のの記事を翻訳しました。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

阿胶为什么这么贵?因为连狗都喜欢吃_郑智城

(2014-11-8発表)

翻訳文

現在、アギョウの値段は異常です。以前の茅台酒 - Wikipediaみたいにどんどん値上がり。

10年前はアギョウ1斤で15ドルだったのに、今は200ドル。

しかも、中国国内のニュースによると、ロバの皮もそろそろないそうです。

 

アギョウは値段が高い以外に、処理も難しいです。

何故かと言うと、アギョウの伝統工芸では一塊60gくらいの包装。とても硬い。

 

使う前は砕かないといけないのです。そうじゃなかったら、使えない。

f:id:li-hari:20180416123249j:plain

アギョウ(阿胶)の画像

 

伝統的な漢方薬局にはみんな銅の容器があって、この硬いアギョウを砕いてました。砕く過程も面倒くさい。しゃがんて砕かないとダメ、しかも砕く時にコツがいります。

 

私はたくさん砕いたので、多少コントロールできてアチコチ飛ぶ事はないです。

 

でも、多少は銅の容器から散る事はある。

私は一匹の犬を飼っていて、アギョウを砕く時は犬が一番喜ぶときです。

 

私の隣にずっとしっぽ振りながら見ている。アギョウが飛び散って出た場合、すぐ寄ってきて食べます。とても美味しそうに。

 

大量に血を補うアギョウは、犬まで大好きですね。

 

作りがこんなに体力を使うなら、アギョウが高くなるのも当たり前でしょう。

李哲の感想:

体に良いものは、動物も本能で分かりますね。

人間も本能で分かるはずですが、バカげた意識が邪魔をするから、毒物でも喜んで食べて病気が治ると信じ込むわけ。

 

犬・猫は鍼を受ける時とても静かだと聞きましたが、おそらく体がすごく楽になるからでしょう。

 

アギョウの作り過程は、かなり大変だそうです。

それなのに、生薬の値段はずっと安かったら、生産者も金持ちにはなってない。

 

これは不公平だと思います。

生薬の生産者が貧乏のままだったら、誰が生薬を作りますか?

 

ただし、ほかの中医師のホームページで見たら、今は500gのコストが5000人民元もするそうです。10年前より15倍値上がり。

 

普通に5g入れるだけで50元。ビックリするくらいの値段になりました。

 

一般のサラリーマンは、生薬が高くて買えないかも知れません。

 

これから漢方薬を使う人が増えたら、きっと生薬の自然栽培が追いつかなくなるでしょう。あとは、不動産みたいに煽られて値段が倍増する。不安な面もあります。

 

そうなると、必ず生薬の値段が上がります。若しくは在庫がなくて、いくらお金があっても買えない。

 

その時は、鍼灸がメインになるかも知れません。

鍼は天然資源ではなくてステンレスなので、一応再利用ができますから。