ありえない!肝臓がんが自力で治るなんて!

こんにちは、李哲です。

肝臓がんが自力で治った不可解な症例。

アメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました、全記事2922文字。

 

中国語本文のリンク先は、

猪苓汤:一个肝癌自愈的女人_郑智城

 (2012-01-20 08:47発表)

 

 

肝臓がんだと本当の話をしてない患者さん

今は珍しい物がどんどん増えて、飽きていますね。

しかし、私が経験した治療例は本当に珍しいもの:肝臓がんが自力で治った例です。

 

一人の女性、30代。

マレーシア華僑。

顔が白すぎて健康な感じではない人です。

 

彼女は友達の紹介で来ました。 

来た原因は尿が出にくい。しかも尿が熱くて、トイレに行くとつらい。

 

彼女が言うのは、

「良くなったり悪くなったりしたけど、最近はひどくなってガマンできないレベルになった。」

 

私の診療所には、たくさんのマレーシア華僑が来ています。私の感じでは、マレーシア華僑は中国人より礼儀正しく、伝統的な道徳観念が強い。彼らは関東語を話して、たまには方言も混ざります。

 

これは1年前の事、舌診と脈診はほとんど忘れました。

でも、眼診ははっきり覚えています。

 

彼女の虹彩は暗い。

これは体内に瘀血がいっぱいあることを示す。

生理はきっと異常でしょう。

 

心臓の区域も太くて短い血管があり、心臓の血管のつまりか若しくは心労が多いことを示す。

虹彩を見て内臓の状態を判断するのは、中医学の眼診

虹彩を見て内臓の状態を判断するのは、中医学の眼診

 

私は彼女の眼診をしてから、直接彼女に言いました。

「あなたの肝臓は大きな問題があります。」

 

 彼女はびっくりして、少し考えてから言いました。

「私は肝臓がんがあります。」

 

「本当ですか?!」

 

肝臓がんだと診断されて、治す方法がないと言われたのに、奇跡的に自力で治った

彼女は病気になる前後の経歴を詳しく話しました。

彼女の婚姻は不幸が多くて、彼女は常に大きな恐怖感とプレッシャーを感じています。おそらく、ご主人が暴力的だからでしょう。

 

数年前にシンガポールの病院で、彼女は「肝臓がん」だと診断されました。

頭に来るのは、その先生は遠い所から話すこと。彼女が伝染病でもあったように。

 

その先生は、はっきり言ったそうです。

「あなたの肝臓がんは治せないので、自宅で療養したほうがいいです。」

 

「自宅で死ぬのを待ってください」と言ってないだけですね。

 

彼女は怒って自宅に帰り、何もしない事にしました。本当に死ぬのを待つだけ。

 

しかし、待っても待っても彼女は生きている。

彼女はとてもつまらなくて、「こんなに死ぬのを待つより、なんかやろう!死ぬ前に少しでもなんかやろう!」と決めて、パン屋を始めました。

 

パンの画像

 

不思議と、彼女の精神状態がどんどん良くなり、身体の調子もどんどん良くなり、たまには漢方薬も飲みました。

 

そして、ずっとパン屋を経営して来たのです。

数年後に彼女はもう一度検査を受けたら、主治医が言うのは「癌は消えている、もう治りました」。

 

その後、彼女はアメリカに来ました。

中医学の眼診で患者は肝硬変レベル。患者はウソを言ってない

私は彼女の話を聞いて、アラビアンナイトでも見たような信じがたかったです。でも、信じざるをえない。

 

なぜなら、中医学の診断で、彼女の肝臓は本当に悪いからです。

彼女の眼診をした時、私は言い回しで肝臓が悪いと言っただけ。本当は8割は肝硬変だと診断したのです。

 

彼女の婚姻が不幸であるのも信じます。

なぜなら、心臓の区域に太くて短い血管があるから。

 

私は彼女の話を信じるしかなかったです。

 

尿が出るとき痛い・熱い症状はなくなり、生理不順を治療し始めた

本題に戻り、彼女の小便の問題は治療しやすいものです。

中医学でいう『淋証』、しかも『熱淋』。

ただし、彼女は腰が重だるい症状もあり、虚証だけではなくて実証も混ざっていたので、処方は猪苓湯3日分と補腎の処方3日分を出しました。

 

翌週、彼女は再診察に来ました。

今回、彼女の顔色はだいぶ柔らかくなっていました。前回みたいに苦しくなってない。

 

彼女が言うのは「先週の薬はとても効きました!飲んですぐ分かります、大変感謝しています。」

 

今度、彼女が治してほしい所は生理。

私は思いました。

彼女の肝臓がとても悪いので、生理にも影響があるはず。

 

彼女が言うのは「生理はずいぶん前から来てないです。しかも便秘。お腹はいつも張って苦しいです。」彼女は指で下腹部を示してくれましたが、辛い所はちょうど大腸のあたり。

 

脈診してみたら、右の関が弦脈。舌診では思ったほど腻ではない。

 

私はもともと大黄を使おうとしたけど、脈診と舌診が合ってない。

 

いろいろ検討してから、私は賭けることにしました。

桃核承気湯、3日分。

そして、飲んだあとに現れる症状も詳しく教えました。

 

f:id:li-hari:20180508141832j:plain

桃核承気湯の中の生薬:桃仁(とうにん)

2日後、彼女から電話が来ました。

「漢方薬を飲んでから、何回も下痢。しかも、熱い便が出るけど、これは正常ですか?」

 

私は答えました:「正常です。体内の古い便が出ているので熱く感じます。下痢のあと、疲れた感じがしますか?」

彼女の答えは、「疲れはしないです。」

 

私:「じゃ、大丈夫。そのまま飲み続けてください。」

 

李哲の感想:患者は怖い病名を知らないほうが長生きする

 

肝臓のことを話すと、以前翻訳した記事が思い出します。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

ところで、肝臓癌が自分で治るのは初めて聞きました。

詳細は分からないけど、おそらく彼女が死に対する恐怖感がないのと、西洋医学の治療を受けてないのが最大の原因だと思います。

 

がん治療で難しいのは、患者さんが自ら生きる力を捨てるのと恐怖感。癌に対する恐怖感があると、治療効果はなかなか出ません。

 

精神状態はとても大事です。

毎日「どうせ自分の癌は治らないんだ」「もうすぐ死ぬんだ」と嘆いて落ち込む人は、何を飲んでも効き目がありません。

 

自分の病気を忘れる。

西洋医学の暴力的な治療を受けてない。

これが彼女が生き残った理由だと思います。

 

上記の女性みたいに、「癌を思わないで有意義なことをやろう!」と頑張って生きる人は、何人くらいいるでしょう?

 

多くの人は脅かされて、恐怖を浴びながら死んでいきます。もしくは、西洋薬の副作用に殺される。

 

癌細胞は誰でも持っています。

今の90歳、100歳の年寄りの体には、必ず〇〇癌があります。

しかし、知らない人のほうが多い。多少の不調があっても、みんな楽しく老死するまで生きているのです。

 

これは前の記事でも討論しました。

li-hari.hatenablog.com

 

癌は本当に治療する必要があるのか?

西洋医学にとって、これは盲点です。

わからないから全部切っちゃう、全部殺す。患者も一緒に。

 

がん治療はビジネスになって、患者さんのためになる医学からは、遠ざかったような気がします。

 

私の考え方ですが、

怖い病名に関して、患者さんは何も知らないほうが良い。

 

特に癌患者は、自分が癌だと知らないほうが長生きします。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。