まぶたがピクピク(痙攣)するのが治った例(2018-06-19修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180606/20180606162024.jpg

こんにちは。李哲です。

今日は一人の女性の例です。

 

60代。息子さんの紹介で来ました。

 

主な自覚症状は、長年の肩こり。そして、時々息が苦しくなる。深呼吸ができない。

 

カルテを見たら、よく食べてる食べ物はすごかったです。

 

チーズ.牛乳.白砂糖が入ったお菓子.コーヒー。

唯一にないのが、西洋薬とサプリメント。

 

こんなに食べたら、体調が良くなるワケがないです。

 

背中を触ってみたら、パンパン張っている。

本人は肩こりしかないと思っているけど、触ってみたらそんな簡単なことではなかったです。

 

五臓六腑には既に影響があるのです。

 

幸いなのは手足は温かい。

睡眠と便通が良い。

 

これは彼女の幸運としか言えない。

何故かというと、同じように食べてきたたくさんの女性は、もっと症状がひどいから。

 

施術は、足ツボと整体の一時間。

余りにも痛がっていて、二人とも笑うしかなかったです。

 

2回目に来た時、体調の変化を聞いてみました。


彼女の話では、肩こりはだいぶ楽になった。1週間前に重い荷物を持ってから、肩がまた気になったのです。

 

そして、息苦しい自覚症状がなくなりました。

深呼吸もできます。

 

但し、足ツボ後の筋肉痛が3週間も続いて、私のほうがびっくりしました。

 

1週間続くのは聞いたことあるけど、3週間はさすがに初めて。

 

運動不足が一つの原因。

もう一つは、右足に溜まっている老廃物が相当多いから。

 

2回目の足ツボをやるとき、彼女は面白い変化を教えてくれました。

 

当院に来る前、2週間くらいまぶたがくっつきそうにピクピク(痙攣)したそうです。

 

目医者さんに診てもらうかな?と迷った時、ちょうどこちらの施術を受け、次の日から何故かまぶたが大丈夫になった。

 

彼女は、足ツボのおかげではないかな?と思ったそうです。

 

確かに。

これは足ツボと整体のおかげです。

 

まぶたが痙攣するのは、脾臓の問題。

余分な水が体内に溜まっているから。

 

日常での禁止物 でコーヒー飲むな!白砂糖入りのお菓子食べるな!など言うのは、脾臓を守るためです。)

 

彼女はまぶたが痙攣するのが治って、とても喜んでました。

しかし、余談話で聞いたのは哀しい内容。

 

彼女の知り合い。

糖尿病患者。

 

まぶたが痙攣するのが治らなくて、大学病院に行って目の周りに注射を受けてるそうです。

 

2~3ヶ月に一回の注射。

そうすると、しばらくは大丈夫。

 

しかし、今1年くらい経っているけど、まだ大学病院に通っているそうです。

 

彼女が私に質問したのは、とても賢かったです。

注射するのは恐らく麻酔剤でしょう?

 

私の答えは:そうです。

麻酔剤だから神経を殺して、痙攣がないように治める。

 

基本的に麻酔剤は有毒物質なので、注射の量を間違えたら死に至る可能性がある。病院の先生は、これくらいは知っているでしょう?

 

しかし、まぶたが痙攣するのは何が本当の原因か、何も知らないでただ単に麻酔剤を打って、神経を麻痺させるのは...

 

愚か者。

まぶたの神経を一時的に麻痺させて、それで治るかい?

 

2018-06-19追記:

鍼で自分のまぶたがピクピク(けいれん)するのを治した例があります。

どうぞご覧ください。

 

li-hari.hatenablog.com