【翻訳文】ワクチンは過去200年最大の詐欺である!

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

最後には私の感想文があります。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

疫苗是过去两个世纪最大的谎言_郑智城

翻訳文:

ワクチンは過去200年、最大の詐欺である。

 

医学界は長期的に渡って、ワクチンは伝染病に対抗する最も良い方法。人類最大の成果だと勘違いしています。

 

その説の最大の裏付けは、天然痘が歴史上で消えたこと。

 

嘘も何回も言ったら、本当の事実になるでしょうか?

 

しかし、抜け穴はあります。

 

1970年まで天然痘ワクチン接種はすでに100年経つけど、全世界で天然痘は消えてなかったです。

 

例えば1974年。

インド全国民のワクチン接種率は88%にもかかわらず、大量の天然痘災害が起きました。

 

天然痘での死亡率も、人為的に誇大されています。

 

Tom Mackお医者さんは、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)で発言したことがあります。

 

成人での天然痘死亡率は10~15%しかない。

しかし、宣伝されているのは30%。

 

宣伝しているデータは、大量の子供の例を入れています。

子供の感染死亡率は、もともと成人より高いです。

 

しかも、2歳前の子供は天然痘ワクチン接種ができません。

つまり、統計データは誇大表示されています。

 

たとえ大規模のワクチン接種がなくても、天然痘は自然に消える。当時の大規模に流行った天然痘は、そろそろ終わりがける時期でした。

 

(以上の源:Jun 19~20,2002。アトランタCDC会議。)

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180401/20180401145639.jpg

 

1972年、全世界の38カ国では、すでに天然痘災害の報道を止めました。

 

それでは1950~1972年の間、なにが起きたでしょうか?

当時、全世界でワクチン接種したのは、わずかの10%くらいでした。

 

ワクチン接種率が少ないのに、天然痘感染者が少ない理由は:

第二次世界大戦後に良い食べ物。

よりよい清潔な環境。

よりよい教育があって、大規模な戦争がなかったから。

 

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、天然痘の消失をワクチンの功労だと言っていますが、事実上は天然痘感染はわずかの3~6日で終わる。

 

だから、感染者を隔離するだけで、さらなる伝染を防げます

 

それでは、天然痘はどれだけ怖いのか?

 

1900年、アメリカには合計21064件の感染例がありました。中の894人が死亡。死亡率は4.2%!

 

アメリカ最後の天然痘感染は、1940年カンサス州で起きています。

 

ある人は、こう質問するかも知れません。

天然痘はあんなに怖いのに、ワクチンを打たなくて大丈夫?清朝の皇帝まで天然痘ウィルスで死んだでしょう?

 

天然痘ワクチンを打たなかったら、結果はどうなるか?

 

不幸に天然痘ウィルスに感染されたら、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)はこう言います。

 

「17日間、厳密に患者さんの夜の体温を観察する。

もし、体温が38.7度を超えたら天然痘かも知れません。(必ず天然痘だと言えない、ほかの伝染病も高熱を出すから)

 

その後、患者さんを隔離し感染を確定したら、確認次第7日以内にワクチンを打てば、さらなる感染が止められる。」

 

 

天然痘ウイルス感染が確定されてから、7日以内にワクチンを打てば大丈夫なら、なぜ一人ひとりの子供たちにワクチンを打たないといけないのか?

 

製薬会社に膨大な利益をあげる以外、私はほかの理由が思い当たりません!

李哲の感想:

ワクチンに関しては、今までいろいろ書きました。

 

翻訳文も多数あり、私の意見もはっきり書いております:ワクチンは全くいらない!

 

臨床でお母さんが赤ちゃんを連れてきたのを見ましたが、明らかに他の子と違って元気です。連れてきた二人の子はワクチン接種してない。

 

いや~とにかくよく食べる。

私はほかの同年齢の子供も見ましたが、明らかに食べる量が違いました。

 

その決定的な違いは、ワクチン接種しているかないか。

 

ワクチンは外部から人為的に入れる毒です。

毒の刺激で体の免疫力を働かせ、抗体ができるようにするのが仕組み。

 

この毒が処理できる子供は、もちろん大きな病気にはならない。

処理できない子供は、小児白血病・癲癇(てんかん)・悪性脳腫瘍・肝炎などになります。

 

そして、もっとも多いのは消化系のトラブル。

ワクチンは体に毒なので、解毒する肝臓に悪影響があります。肝臓に問題が出ると、消化系(胃腸)にも悪影響が及ぶ。

 

中医学ではこれを「木克土」と言います。

だから、ワクチン接種後によく見られる副作用は食欲不振。食べることに興味がなくなる。

 

成長期の子供は、食欲旺盛が普通で当たり前です。

ワクチン接種後に食欲不振になるのは、明らかにワクチンの副作用。

 

鄭先生の記事は、もう一つあるのでご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

いまだにネットでは、ワクチン反対派と賛成派が口喧嘩しています。

 

どれを信じるべきか?

よく調べた上で、ご自身で選んでください。悔いがないように。

 

一つ分かってほしいのは、漢方薬・鍼灸ではいろんな伝染病が治ります。自然の中にある病気は何でも治せる。

 

ただし、ワクチン接種してから生じた後遺障害は、治せないかも知れません。

 

人為的に作られた病気で、もともと存在しない病気だから。

 

ワクチン接種後の後遺障害は、ワクチンの製薬会社に治してもらってください。