乳がんの食事療法:山芋(山薬)だけでは治らない(2018-02-24修正)

こんにちは。李哲です。

4月からの予定表は決まっているので、予約は承っております。

 

今日は山芋と乳がんに関して書きます。

八王子デトックス美人 オーナーの独り言さんからコメント頂いたけど、記事としてアップしたのが遅くなりました。こちらでお詫びします。

 

以下は個人の見解なので、皆さんの参考になれば幸いです。

 

生薬:山薬(さんやく)の日本語紹介は、以下の外部サイトをご覧ください。

サンヤク|生薬一覧|日本漢方生薬製剤協会


通常、山芋は筋肉が少ない人、気力が足りない人、食欲が無い人にオススメする生薬です。一番多いのは、子供がご飯食べたくなくて、体重不足.気力不足の時。

 

西洋医学の言葉で言うと、免疫力のアップができます。

だから、乳がんだけではなくて、ほかのいろんな病気でも使います。患者が気力が足りない.食欲がないなどの症状があれば。

 

しかし、乳がんの治療にはなるか。

これは曖昧なところ。

f:id:li-hari:20180517114954p:plain

山芋(生薬でいう山薬)の画像

私が知っている範囲では、乳がんの治療には使いません。山芋は有効な処方箋の中に入ってない。

 

乳がんは簡単に言うと、古い乳汁(血液)の塊です。

瘀血(おけつ)だとも言えます。

山芋は気力を補うことはできるけど、瘀血(おけつ)を溶かすことはできません。

 

以下の記事で書いたけど、

乳がんの一番の原因は心臓が弱っている事です。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain 

li-hari.hatenablog.com

 

しかし、山芋は脾臓の強化になるけど、心臓の強化にはならない。これが山芋を使わないもう一つの理由。

 

普段の食卓で山芋を食べると、気力を増やしたり消化系を強化することはできます。つまり、滋養強壮剤になるのです。

 

乳がんであろう、肝臓がんであろう、誰でも食べて良いもの。

 

ただし、本格的な乳がん治療に使う生薬ではないので、勘違いしないでほしい。

 

山芋だけで乳がんを治すとか、山芋はそんな偉い効能はありません。