夏は生姜、冬は大根を食べるのは、筋が通る話なのか?

こんにちは。李哲です。

猛暑が続いていますね。

 

皆さんは熱中症対策は大丈夫でしょうか?

私は麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)とスイカを食べて1日を過ごしています。

 

麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)の紹介は、以下の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

ところで、皆さんは冷たいものをとり過ぎてないでしょうか?

 

今日は食べ物に関して、中医学の話をしたいと思います。

 中医学に関する俗語には、こんな中国語があります。

“冬吃萝卜夏吃姜,不労医生开薬方”

 

意味は冬は大根、夏は生姜を食べると、お医者さんの処方箋も要らなくなる。

 

日本で言う「蜜柑が黄色くなると医者が青くなる」と近いです。

 

夏なのに、なぜ生姜を食べる必要があるのか?

 

夏は外部温度の上昇で、人の体内温度も上がります。

温度が上がりすぎてフラッシュするのを防ぐために、体は自動的に汗をかく事で放熱する。

 

中医学の理論では、陽気と言うのは四季の変化と一緒に体内の深い所から浅い所まで移動します。

 

簡単に言うと、寒い冬は内臓を温めて守るために、自動的に体内の深いところに潜む。

 

暑い夏は体全体の温度が上がるので、体内の奥に潜んでいると臓器が熱くて大変。だから、暑い夏は陽気が外部の皮膚に移動。

 

日常でのたとえ話をすると、魚は寒い冬は深いところに隠れる。暑くなると浮いてきます。

 

体の気も、季節の変わりと一緒に変化するのです。

 

夏には体内の陽気が比較的に少ない

陽気というのは、パワーで駆動力。

消化器に例えると消化する力です。

 

だから、夏バテという現象が起きて、食欲不振が現れます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180717/20180717131432.jpg?1531800884

 

厄介なのはこのとき、体全体が熱いので人は自然に冷たいものをほしがる。

 

冷たいものは体の温度を下げることができて良いですが、消化器がいつもより弱いことが問題です。

 

特に胃の消化する力が弱くて、胃の中に水が溜まりやすい。

 

生姜の性質は、『本草経集注』に書いてるのが「气微温.味辛」

辛味があるので、発散する作用がある。つまり、胃の中に溜まっている水を発散して飛ばします。

 

あとは、少しだけ熱いので、胃の動きを良くしてくれます。

 

冷たいものばかりほしがる夏には、もってこいの食料です。

 

日本ではそばを食べる時、薬味としてミョウガを入れていますが、ミョウガも辛味があるので、生姜に近い効能があると思います。

 

大量に冷たい飲み物をとる方は、胃がボチャボチャになりやすい

つまり、水が消化しきれなくて残る。

こういう時は、大量の生姜を食べてください。

 

生姜を食べて、体がホテたりしません。

 

生姜は乾姜と違う。

乾姜は性質がもっと熱いので、たくさん食べると熱々になり、ほてます。

 

しかし、生姜は上記の通り、性質が微温。

そこまで熱くないので、心配は要りません。

 

f:id:li-hari:20180612151858j:plain

生姜の画像

冬は白大根が必要なのは、真逆の道理。

冬は寒いので、体は自然に栄養たっぷりのもの・温めるものを欲しがります。例えばこってり系の天ぷら、肉類など。

 

ただし、冬は体の陽気が中に引っ込みます。

あまり体を温めるものを食べると、食べ物が詰まって陽気の流れが悪くなり、ある所に陽気がつまると化膿したりもします。

 

大根は性質が涼しい、食べ物が胃腸につまらないように下ろして、消化を助ける作用がある。だから、重い料理を食べ過ぎやすい冬には、大根を勧めているのです。

(涼しいのと寒はレベルが違うので、混同しないでください)

 

これは古代の生活の知恵であり、中医学の一つの理論でもあります。