妊娠初期の食欲不振(つわり)、味覚異常、便秘ぎみ、お腹にガスがたまるのを2回で緩和。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180607/20180607120227.png

こんにちは。李哲です。

今日は私の簡単な鍼治療例。

 

2018-07-05。

一人の妊婦、妊娠5週目。

 

主な症状は食欲がない。味覚が落ちている。便秘ぎみ。お腹にガスと水がたまってポッコリ。

 

典型的なつわりと違って吐き気・嘔吐はないけど、食欲不振として現れていました。

 

症状が簡単なので、本数を少なめにしてお腹だけにしました。

 

天枢、中脘、建里。計4本。

20~30分、針を刺したまま寝てもらいました。

 

鍼を取った後、彼女が言うのは「針を置いている間、胃腸がグルグル鳴っていました。今はお腹空いてきて、なんか食べたいです!」

 

彼女は立って見て、また喜んでました。

「ポッコリしたお腹が今は凹んでいる。顔の赤みが気になったけど、赤いのも減りました。」 

 

私は彼女に説明しました。

「顔が赤いのは大腸の毒素(便秘ぎみ)が原因なので、明日便が出ればもっと良くなります。」

  

2018-7-6

昨日と同じツボ。

 

鍼する前に彼女が言うのは、「午前中はイマイチだったけど、午後は食欲が出てきて、ご飯が美味しく感じました。」

 

2018-7-7

今日は鍼治療なし。

彼女から報告:

「朝と夜はイマイチだけど、昼は胃がグルグル動いています。味覚が戻り、いつものご飯がめちゃくちゃ美味しくなりました。」

 

2018-7-8

今日は鍼治療なし。 

彼女からの報告:

「軽く気持ち悪いのがまだあるけど、前よりはご飯が食べられる。」

 

私は思いましたが、あと数回の鍼治療が必要。

次は内関、公孫など強力なツボを選ぼうと思います。

 

妊娠中のすべての体調不良は、鍼で解決できます。

 

とくにつわりで苦しんでいる女性が多いそうですが、つわりは漢方薬・鍼灸にとって難しい病気ではない。

 

と言うか、つわりはもともと病気ではない。

妊娠に伴う症状で自然に消えます。ただし、個人差があって長引く人がいる。

 

あまり長引くと妊婦も辛いので、こういう時は漢方薬・鍼灸が役に立ちます。

 

過去の治療例もあるのでご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

彼女のはあまりにも簡単な症状なので、数本の鍼だけで終わりました。

 

もちろん、この2回で完治したことではないので、引き続きの鍼治療が必要。

 

ネットを見ると、「妊娠初期・妊娠中に鍼治療は大丈夫?」の質問があります。

 

このような質問は、私にしないでくださいね。

治療例をアップしているのに、また鍼が大丈夫なのかを聞くんですか?

 

妊娠中の鍼灸は大丈夫です。

どんなつらい症状でも相談できます。

 

鍼は西洋薬と違って、薬物注入ではない。

だから、妊娠中は安全かつ有効な治療法です。