【翻訳文】乳がんから肝臓がんに転移した黒人女性。

こんにちは。李哲です。

今日は鄭智城中医師(アメリカでの開業医)の記事を翻訳しました。

 

最後には私の感想文があります。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

乳癌转移变肝癌和肝衰竭两例_郑智城_新浪博客

(発表日付:2011-07-05 09:28:19)

翻訳文:

一人の黒人婦人、家族が同伴で来ました。歩行補助車を使って。

 

黒人婦人の顔色は青白。精神状態は悪い。

彼女が言うのは、自分は乳がんで今は肝臓がんに転移している。

 

私は彼女に聞きました。

「今はどんな症状がありますか?」

 

彼女:「平衡感覚がないです。歩行補助車がないと歩けない。体力がなくなっています。」

 

患者さんの陳述は中医学の言葉でいうと、平衡感覚がないのは眩暈です。

 

体力がないのは具体的に聞きました。

手足が冷たくてマヒがある。

食欲不振。小便が黄色い。便秘。

寝る時は胸上が燥熱感がある。

 

彼女が使った言葉は、更年期のホットフラッシュ。睡眠の質も良くないそうです。

 

ほかの症状を聞いたら、彼女が言うのはあと高血圧症、高コレステロール、高血糖などの問題があるそうです。

 

脈診では、沈微。

舌診では、舌苔が白。

 

私は考えてから2つの処方箋を出しました。

真武湯+当帰四逆湯。各3日分。

f:id:li-hari:20180511130201j:plain

当帰(とうき):血を補う大事な生薬

しばらく経ってから、彼女は一人で歩いて来ました。

家族の同伴がなく。

 

私は彼女に聞きました。

「漢方薬を飲んでどんな感じですか?」

 

「とても良いです。自分がスーパーウーマンになった感じ。」

 

聞いた感じでは普通なので、ほかの症状を聞いて分かったのは、とても効果が良いらしいです。

 

諸症状はみんな良くなり、印となる食欲が回復して便通があり、寝る時のホットフラッシュが消えて、同時に血圧.コレステロール.血糖値などの数値も良くなった。

 

彼女が言うのは、病院の先生は数値の変化にとても満足している。

 

血圧、コレステロール、血糖値などは大したことないです。

私が特に気にしているのは、彼女の食欲回復と寝る時の燥熱感が消えたこと。

 

ニハイシャ先生の理論だと、これは陽気が陰(臓器の中)に入らない症状。

 

6日分の漢方薬でこんな大きな変化があるのは、本当に彼女の運が良いとしか言えないです。

 

この前話した肝臓移植になりそうだった患者さん。

最終的に肝臓移植は要らなくなり、肝臓の数値も良くなったけど、治療がまだ終わってはいなかったです。

 

患者さんは退院後、すべての症状が良くなったけど、睡眠だけダメでした。

 

毎晩、後半にならないと眠れない。

眠れないので小便が多い。かなり辛いそうです。

 

だから、肝臓の数値が良いからと言って、肝臓が大丈夫なわけではないです。

 

西洋医学の検査値は、当てにならない。

 

この患者さんが眠れないのは、肝臓に問題があるからです。

 

夜11時~朝3時は肝臓と胆嚢の時間帯。

肝臓と胆嚢に問題があれば、この2つの時間帯は眠れない。

 

それでは、どうしたら良いのか?

 

中医学は解決方法があります。

患者さんを寝かせる。

 

眠りさえできれば、陽気が陰(臓器の中)に入れば、肝臓は徐々に回復できます。

 

睡眠導入剤.安眠薬で神経をマヒさせて、体を寝かせるのは慢性的な自殺行為!

 

中医学の睡眠を改善する処方箋はたくさんあります。

私も隠すつもりはない。

 

当時使ったのは酸棗仁湯(さんそうにんとう)です。

患者さんの小便が多いので、五味子を入れて全部で6種類の生薬。すごく簡単です。

 

この2人の患者さんを、中国の中医師に任せたら、特に火神派の名医たちに任せたら、何百グラムのトリカブト(附子)に10~20種類の生薬を使うでしょう?

 

しかし、必要ですか?


酸棗仁湯+五味子。

飲んだその日、夜はよく眠れて小便の回数も半分になりました。

 

以上の処方箋は、ごく普通のものです。

 

ネットを見る皆さんは、肝臓がん.肝臓病に以上の処方箋で大丈夫だと勝手に真似しないで下さい。

 

肝臓がん.肝不全はまったく違う症状が出る時があります。

 

症状が違うと、以上の処方箋とまったく違う処方箋になります。

 

だから、真似して処方しないで下さい。

必ず経験がある医師の弁証論治で、処方した方がいいです。

f:id:li-hari:20180504195646j:plain

酸棗仁(さんそうにん)

李哲の感想:

上記の治療例を見ると、いろんな癌患者さんの諸症状に、漢方薬は非常に役に立ちます。癌が治るとは言ってないけど、患者さんの苦痛が減り生活のクオリティーが高まるのは目に見えています。

 

今、西洋医学は早期発見・早期治療と宣伝していますが、治療と言うより患者さんの生活のクオリティーを先に確保してほしい。

 

風邪薬を飲むと胃が荒れる。そして、慌てて胃を保護する薬を処方する。

 

鎮痛剤を飲むと肝機能異常・腎機能障害になる。そして、慌てて肝機能・腎機能を良くする薬を処方。

 

処方した薬で新たな症状が増えて、また薬を追加。追加した薬でまた新たな症状が増えて、また薬を追加。。。

 

いつになったら薬が減りますか?

これが生活のクオリティーですか?

 

西洋医学にも一応QOL(クォリティ・オブ・ライフ、生活の質)というのがあります。

 

しかし、これはあくまでも治らなかった人達の為の設定。

 

治せそうだったら、こんなQOLなんか貴方には説明もしません。先に手術して抗がん剤やって、ヘロヘロで死にそうになり、抗がん剤・放射線療法を受ける体力もなかったら、じゃ~~~QOLの為に緩和ケアをやりましょうなどを言う。

 

なんで最初からQOLなど言わないんだ?

 

西洋医学の治療では、クオリティーなんかどうでも良い。

”治療”して殺さないと、西洋医学のメンツが潰れる。ボロ儲けもできないから。

 

中医学の診断でよく自覚症状を聞くのは、その自覚症状をなくすためです。内臓のバランスを整える事で。

 

自覚症状が良くなる事は、生活のクオリティーが上がることです。そうでしょう?

 

中医学こそ慈悲で患者さんの為の医学です。

 

以前書いた乳がん治療記録。残念ながら彼女の癌は治せなかったけど、少なくとも辛い諸症状は改善されています。

li-hari.hatenablog.com

 

私はよく思いますが、

生活のクオリティーを下げる治療は、全部廃止するべき!

 

しかし、西洋医学のたくさんの先生たちが自ら反対しない限り、良心的な先生が増えない限り、悲劇は続くと思います。

 

患者さんたち、先に目醒めて自分で自分を守るしかないです。