生理の時に痛くて死にそう。嘔吐と下痢【翻訳文】

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

留学生每次到月经时候就痛得要死而且上吐下泻_郑智城

(2015-06-01 03:46発表)

翻訳文

最近治療した一人の女性。留学生です。

彼女の主訴は、毎月生理が来る時に死にそうに痛い。そして、嘔吐と下痢がある。

 

生理の量は非常に少ない。

普段は便秘ぎみ、排便が大変。

手足はよくつる。疲れやすい。

普段は水を飲むのが多くて、トイレも近い感じ。

 

お腹すくとダメ。

食べるときは、食べ過ぎになりやすい。

 

体の反応が遅いというか、いつお腹がいっぱいなったのかが分からない。

だいたいお腹がいっぱいだと思ったときは、すでに食べ過ぎた時です。

 

そして、毎回髪を洗うときに大量の髪が抜ける。その原因は、1年前から飲んでいる甲状腺の西洋薬、その副作用だと思います。

 

処方箋は当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)。7日分。

当帰、桂枝、芍薬、炙甘草、生姜、なつめ、加工したトリカブト(附子)、麦芽糖。

 

f:id:li-hari:20180511130155j:plain

当帰(とうき):血を補う大事な生薬。便を柔らかくして、便通を良くなる作用がある。

 

2週間後、再診察に来て話したのは、ちょうど生理が終わる頃で、生理痛は50%減り嘔吐と下痢はなくなった。生理痛はあるけど、すぐ消える。

 

生理の量は普通に戻り、自分の食べる量をコントロールすることができる。食べ過ぎないように。

 

最後、髪が抜けるのは著しく変わった。

 

処方箋変えず、あと10日分を処方。

李哲の感想:

中医学の理論から言うと、痛みの質は2種類あります。

寒と熱。

 

簡単な見分け方は、

寒:縮むような痛みは、全部『寒気』が原因。ベロは白色。

熱:四肢、内臓のだらんとした痛みは、『熱』が原因。ベロは黄色。

 

たとえば脳卒中(脳出血)後遺症。

手足が縮んでけいれんするのは、みんな『寒』。逆に手足に力が入らなくて、麻痺しているのが『熱』。

 

中医学は本当に温度計で測ってから、寒熱を決めるものではない。その現象から、寒熱の定義をします。

 

臨床で見ると、『熱』の人は1割もいません。9割以上は『寒気』が原因です。漢方薬で治すときは、桂枝・トリカブト(附子)など陽気を強化する生薬がほとんど。

 

髪が抜けるのは、腎臓が弱っていることなので、鄭智城先生の処方箋でだいぶ良くなったのも想定内。

 

鍼灸も漢方薬同様に、痛みと嘔吐・下痢など治せます。

特に生理痛は、針を刺した瞬間に痛みが緩和し、素早い効果が現れる。

 

以下の過去記事、参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

鍼では経絡の流れをよくして、詰まりをなくす。

徐々に体中が暖かくなり、諸症状の改善が見られます。

 

臨床で困るのは、手術したあとに鍼治療を受ける。

手術すると体内の経絡が切られるので、手術してない人より圧倒的に治りが悪いです。

 

だから、私は皆さんに呼びかけています。

 

先に鍼治療してみてダメだったら、手術をしてもいいじゃないですか?