奥さんの帯状疱疹を3日で治した例

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は以下。

blog.sina.com.cn

(発表日付:2011-06-21 09:05:42)

翻訳文

昨日、疱疹を治した事がないと書いたけど、実は違います。

 

たくさんの疱疹を治療した事があります。

でも、毎回違う処方箋。

いわゆる、「同病異治」。

 

でも、甘草瀉心湯で帯状疱疹を治したのは初めて。

 

その中の一つの例が、私の奥さんの事。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180506/20180506105108.jpg

 

【▲ 甘草(かんぞう):甘草瀉心湯の中の生薬】

 


 

何年か前、私の奥さんは突然胸が痛いと言ってました。

最初、私はあまり気にしてなかったです。

 

2回目からは注意するようにしました。

他には症状がないかを聞きました。

 

奥さんが言うのは、

「胸が痛い以外に、背中の肩甲骨周りもチクチク痛む。そして、少し痒い。」

 

私の奥さんは科学的な物を信じていて、「病院に行ってCTとかMRIとかして見ようかな?」と言ってました。

 

「バカなことはしないで。

そんなものは、なんの役に立つ?

たとえ検査に出ても、貴方はまた何かできる?

劇毒物の西洋薬を飲んで見る?」

 

奥さんはブツブツ言って終わりました。

 


 

帰宅後、私は奥さんの検査をしてみました。

見たら胸の方から背中まで、所ところに環状のつながりがありました。

 

これは帯状疱疹じゃないか?

広東省の人が言う「生蛇」。

 

奥さんの前に、帯状疱疹を治した事があるけど、奥さんのはちょっと特別でした。

豆が小さい、あまり赤くないので著しくない。

環状みたいに見えなかったら、帯状疱疹だと分からない。

 

以前、3人の帯状疱疹を診ました。

全部男の人。

 

彼らの帯状疱疹は、見た目がすごくひどいタイプです。

痛みが非常に強くて、我慢出来ないくらい。

 


 

私の奥さんのは、典型的な帯状疱疹ではない。胸が痛いと言っても我慢できるものでした。

 

よく考えたら、その理屈が分かりました。

男の人に対して、女は比較的に体力が弱いです。

私の奥さんはなおさら弱い。

 

簡単に言うと、男性が帯状疱疹になったら実証。

女性が帯状疱疹になったら、虚証。

 

虚証の帯状疱疹は、表の症状を見ると、凶悪なものではないです。著しくない。

 

しかし、表のものは騙しが強い。

症状が著しくないから、病気が軽いわけではない。

 

私の奥さんは胸が痛いのは、体力が弱くて、帯状疱疹のウィルスが心臓の方まで侵入し、男性には現れない心臓の症状が出たのです。

 

実証の人は、十分な抵抗力があるので、ウィルスは体内の心臓の方までは来れない。

 

だから、私の奥さんの症状は、実は危険なもの。

ウィルスが心臓の近くまで来たので。

 


 

奥さんに出した処方が何かを分かりますか?

 

附子湯(ぶしとう)。

3日分です。

f:id:li-hari:20180506172618j:plain

附子(トリカブト)の画像

 

附子湯を見れば、私の奥さんの体質がどんなものか分かるでしょう。

 

結果は、張仲景のものは感服せざるを得ない。 

3日飲んですぐ効果が出ました。

何年経った今でも再発はしてない。

 

アメリカの納税者の為に、節約ができました。

 

科学というのは何か?

重複で検証できるのが、科学です。