【翻訳文】 超まれな治療例:3日で治った「乳がん」

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

超低概率事件:西人妇女乳癌三剂药痊愈_郑智城_新浪博客

翻訳文

私の患者さん、一人ポーランド生まれのアメリカ婦人がいます。

 

この2年、彼女はチョコチョコこちらで漢方薬を飲んで、途中で彼女の息子.娘.友達.ポーランドの親戚まで連れて来てました。

 

今年の1月の頭、彼女は一人の同じ故郷の中年婦人を連れて来ました。

当時、その友達は精神状態が落ち込んで顔色が悪かったです。

 

診断で確認されたのは、乳がんだとそうです。

 

脈診では、右は弦数、寸弱。左は微動。舌苔は黄色くて分厚い。

 

問診:手足が冷たい。身体が寒い。頻尿。喉は渇かない。生理はまだある。

 

私が睡眠を聞いたら、彼女の答えは:「よく寝れる。」

「大便はどうですか?」

彼女の答えは:「毎日あります。」

 

私は彼のお腹を押してみたらどこも痛くない。

 

もう一度脈診してみたら、寸弱が著しく出ていたので、彼女に聞きました:「胸が苦しくなるときがありますか?」

 

彼女の答えは: 「たまにあります。」

 

一般的に私は脈診を2回行います。

はじめの時としばらく経ってから。

よく脈が違う時があります。

 

何故かと言うと、最初は患者さんが緊張して、脈が弦緊。少し世間話して緊張感がほげれたら、本当の脈が出ます。

 

国内のお医者さんは1日何十人の患者さんも診るから、おそらく平常心で脈診ができないでしょう。

 

私は少し考えました。

これは本当の癌ではない。

 何故かと言うと、

1.睡眠が良い。

2.大便が良い。

3.食欲が良い。

 

よく食べれるし寝れるし、基本的な生理活動は全部正常なのに、なんの絶望の癌だ?

 

もちろん、手足が冷たいのは良くないこと。

 

私は前に話したことがあります。

 

西洋医学は大きい綱で魚を捕る。

みんな検査をすると癌です。

 

しかし、事実上は3分の1の乳がんと前立腺がんは治療が必要ないもの。

進行がとても遅いので、死ぬまで命にかかわることはないのです。

 

ただし、西洋医学は悪性かどうかが判断できない。

 

これもしょうがないです。

陰陽が分からないと、こんな精密なものは分からないから。

 

西洋医学は『現在は何もないけど、将来的に何が起きる可能性はある…』など、訳わからん言葉で患者さんを脅かし手術。

 

患者さんが聞いたら、自然に恐怖で顔色まで落ちて、従順にお金払って首出して切らせてもらう。

 

四診からみると、これは痰が主な問題だと思い処方しました。

ウコン、桂枝、炙甘草、生姜、半夏、黄芩、附子(トリカブト)、薤白,瓜蒌、柴胡、香附。6日分。

f:id:li-hari:20180506112244j:plain

半夏(はんげ)の画像

「飲み終わったらまた来て下さい。」と言いました。

 

処方する前に、上に書いた理論を必死に彼女に説明しました。

 

しかし、処方した後いつになっても来ない。

これは不思議な事はないですね。たくさんの人が消息不明になるから。

 

今日、このポーランド婦人が来て、彼女の友達の事を思い出して聞いたのです。

 

彼女の答えは:「ハイ、友達はもう治ったよ。癌細胞が完全に消えた。」

彼女は大げさに手振り身振りで説明してました。

 

私はビックリしました。

「なに?本当?」

 

ポーランド婦人:

「そうです。友達は漢方薬治療に来て1週間後、急に乳房のしこりがなくなったことに気づき、不思議でしょうがなかったそうです。

 

友達は急いで病院に検査に行ったら何もない。髪の毛を送って検査しても癌細胞はないと言われました。」

 

私は聞いて目からウロコ。

ちょっと考えてからポーランド婦人に聞きました。

「友達は私の処方を全部飲んでましたか?」

 

ポーランド婦人の答えは:

「半分だけ。」

 

私は大笑いしました。

「ハイ、もしかして私の漢方薬のお陰かも。」

ポーランド婦人は肩をすくめました。

「そうかも知れませんね。誰も答えが分からないけど。」

 

私は考えてから彼女に聞きました。

「貴方の友達は以前からも教会に通ってますか?」

 

彼女の答えは:

「以前は全然行ってない。

癌が治ってからは毎週行っている。」

 

私と彼女は二人で大笑いしました。

 

世界は本当に不思議です。

 

この前、一人のがん患者が全部の財産を使い果たしたら癌が治ったのを聞いて、今日はまた自分の目で一人確信。

 

私は2~3日の漢方薬で不妊症を治したことが何回もあります。

ただし、癌治療例では初めて。

 

世の中は何でもありですね。

 

もっと面白いのがあるけど、今はまだ話したくないです。

李哲の感想:

タイトルに書いてますが、これは超まれな治療例。

私が思うのは、本当の乳がんではなくて、ただの痰の塊があるだけだと思います。

 

つまり、これは西洋医学の誤診。

ただの乳腺炎でも乳がんだと診断する先生は、山ほどいます。

 

本当の乳がんの原因に対して、昔書いた翻訳文があるのでどうぞご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

上記の彼女が、病院の先生の話した通りに手術して抗がん剤を続けたらどうなるか? 

 

あとは治療で苦しみながら、毎日自分はいつ死ぬかを怯え、なんとか生きるだけでしょう。

 

鄭智城中医師の話したように、乳がんだと言われた中の3分の1は、治療しなくても大丈夫な人です。

 

しかし、診断されてもアハハ!と楽しく生活する女性、果たして何人いるでしょうか?

 

おそらく、心の負担がなくなり(この心理的効果はとてもとても大事!)。そして、漢方薬で痰が消えたでしょう。

 

乳腺炎で胸が腫れて痛い場合、鍼治療では内廷・衝陽・梁丘などが有効です。

 

あとは腫れている胸に、直接お灸しても効果がある。

 

胸にシコリがあるから、乳がんだと言う西洋医学の診断は間違いだらけ。

 

ニハイシャ先生は言いましたが、痛いのは一般的に乳腺炎で乳がんではない。

 

乳がんは痛くないのです。