ドライアイ、首コリ、肩こりが解消した例

こんにちは。李哲です。

今日は私の施術記録。

 

2018-8-24

 一人の女性。50代。

1年前に数回か来たことがあります。

今回来たのは諸症状があるから。

 

彼女は目がつらくて病院に行ったら、ドライアイだと診断されたそうです。

ほかにある症状は首コリ、肩こり、足のむくみ、首肩の後ろが冷えやすい。あとは、腎機能が気になる。

 

目がつらいのは、パソコンの使いすぎが原因であるのを彼女も分かっていました。しかし、仕事がパソコンばかり使うので、どうしても避けられない。

 

f:id:li-hari:20181019181840j:plain

 


 

以下は具体的な施術記録です。

 

うつ伏せで刺したツボは、腎兪、京門、風門、だいちゅう(骨会)、天柱、後継。

仰向けで刺したのは太衝、陰陵泉、三陰交、地機、関元、合谷、晴明、頭臨泣、養老、光明。

 

鍼を取った時、彼女が言うのは「目の潤いが戻った!」

 

彼女はまた言いました。

「去年来たとき、1回目の鍼したあと、体が腫れる感じ。2回目は体内から暖かくなり、鍼が体に良いのは分かります。去年は事情があって来れなかったけど、今回はしっかり10回まで続けます!」

 


 

2018-8-28

2回目。

ドライアイはだいぶ良い。朝起きて左手がむくむ症状は、前回の鍼でほぼ消えた。鍼をした日は、すごいよく寝れるそうです。

 

刺したツボは、前回より減らしている。

 


 

2018-9-5

4回目。

 

左手を伸ばした時、手のひらが痛い。

よく聞いたら、陽谿穴あたりの筋が痛いそうです。

 

彼女が言うのは「以前、パソコン作業をやりすぎて腱鞘炎にもなったことがある。ほかの所はみんな良くなっています」

 

病院の検査では、右目の潤いは左より良いだそうです。

しかし、彼女が言うのは「右目が引っ込んでいるような感じがする」

 

私が目玉を軽く押して見たら、右目のほうが硬い。

「おそらく右目の視力が弱いかも知れません」と彼女に教えました。

 

鍼が終わってお茶を飲むとき、彼女が笑って言うのは、「今日はすごいよく見えます。目を開くのが大きくなったように」

 


 

2018-9-8

5回目。

 

諸症状は進歩しつつある。 

陽谿あたりの筋が痛い主訴はなかったので、今日は関連のツボを刺してない。1回で筋の痛みなど消える例が多いので、大したことない施術です。

 

彼女の足に鍼する時、前回の刺した鍼の孔が残っていました。

私「歩きが足りないですね。もっと歩けば鍼の孔が残らないですよ」 

 

彼女が言うのは、「歩くようにします。昨日と一昨日、家でスクワットをしたおかげか、今日の鍼はあまり痛くなですね」

 

f:id:li-hari:20181228010747j:plain

健康に良いスクワット運動

 


 

2018-9-13

6回目。

 

目と肩、首の主訴があり。

ほかの症状は良好。

夜のトイレも行かなくなった。

 

少し歩いたり運動したりすると、すぐ暖かくなるのが分かる。

前回は針の孔が残っていて話したけど、今日見たら孔が残ってない。彼女が運動しているのが分かります。

 

今日の施術後、彼女が言うのは「右目の潤いがすごい!」

 


 

2018-9-20

7回目。

 

全体的に良くなっている。目以外は特につらいところがない。

1日7千~9千歩は歩いているそうです。

 

今日は遠回りして歩いてきたせいか、鍼はあまり痛くないと言ってました。

 


 

2018-10-16

10回目。

 

目と首が少し疲れている。でも、前よりずいぶん良くなった。

今日ほかの症状は、風邪ではないと思うけど、鼻がつまり喉が少し痛い。

 

うつ伏せで風門、風池など風邪のツボを刺しました。

仰向けになった時、感想を聞いたら「鼻はだいぶ良くなりました」

 

続けて足の太衝を刺して、3分後に聞いてみたら、「喉もだいぶ良いです。少しだけ残っている感じ」

 

なので、手の魚隙を追加。

帰る時、喉と鼻はほぼOKでした。つまり、風邪っぽい症状は消失。

 


 

風邪のツボは、効果がとても早いです。刺してすぐ変化が現れる。

 

以前、鍼は風邪に効かないという先生がいたので、反論の記事も書きました。参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

彼女のドライアイ(目が乾く)症状は、最初の数回で治っています。10回も通ってのは、全体的の免疫力を上げるため。

 

首コリ、肩こりなどは徐々に消えて、あまり感じなくなりました。

私は彼女に話したけど、「ちゃんと運動して歩いたりすれば、首コリ肩こりもないです。目はパソコン作業を長くしなければ大丈夫。必ず休憩時間を入れてください。」

 

今、皆さんに多い肩こり・首コリは運動不足が大きな原因です。ちゃんと運動すれば、ほとんど解消できるはず。

 

運動しているのに肩こり、首コリがある場合、鍼をすれば数回で治ります。

 


 

このパソコンは賛否両論ですね。

パソコンのおかげで、世の中の仕事が便利にはなったけど、目に対するダメージは強い。

 

目の周りのツボを押したり、休憩時間を入れたりしながら、大事な目を守りましょう。

 

ドライアイは1~2回ですぐ効果が出ます。点眼薬なんか要らない。

 

点眼薬には水銀(チメロサール)が入って、アレルギー性結膜炎または眼瞼結膜炎の副作用があるので、なるべく使わないほうが良いです。

 

チメロサールは点眼薬の防腐剤として,あらゆる医薬用,一般市販用点眼薬に含まれている。しかるに,眼科領域では,チメロサールによるアレルギー性結膜炎,または眼瞼結膜炎はあまり問題にされていない。

 

引用元:チメロサール(点眼薬防腐剤)によるアレルギー性結膜炎,眼瞼結膜炎 (臨床眼科 26巻6号) | 医書.jp