【翻訳文】すべての男性に適する常備薬:八味地黄丸(はちみじおうがん)

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

每个男人都应该配备的一款中成药_郑智城

翻訳文

男性は年をとると、一番困るのは小便のトラブルですね。

昔は小便不利だと言いましたが、今は科学的になったから、前立腺炎若しくは膀胱炎だと言います。

 

男性は年をとると頻尿若しくは尿が出なくなる、若しくは尿の出が悪い。とにかく、男性が貴方と話している間にすぐトイレに駆け込むのを見ると、貴方はどういう事かが分かります。

 

前立腺をチェックすつ時、西洋医学は指を肛門に突っ込んで検査します。

 

f:id:li-hari:20180517113721j:plain

 

中医学はこんな野蛮な検査をしない。

何個かの症状をチェックして分かります、そして関連の処方まで用意してあります。

 

その処方箋が八味地黄丸(はちみじおうがん)

これは張仲景の有名な処方。

ほぼ全ての小便のトラブルを解決してくれます。

若しくは、すべての無菌性炎症。

 

この無菌性炎症は、西洋医学では原因不明だと言われています。肛門に指を突っ込んで検査をし、前立腺が少し腫れているから、前立腺肥大だと言うだけ。

 

男性は中年をすぎると、命門のエネルギー(命門之火)が衰えて、腎臓は封蔵の力が弱まります。

 

膀胱も浅くなり尿を貯め込む事ができません。だから、少しでも尿が貯まると尿意が出ます。

 

若しくは、腎臓の陽気が少なくて尿のろ過・生成がうまくてできなくて、水が大量に出て尿が多くなる。

 

以上の問題は、みんな八味地黄丸(はちみじおうがん)で解決できます。

 

f:id:li-hari:20180517120332j:plain

八味地黄丸の主成分:地黄(じおう)の画像。

今の人たちは若いのに、小便の異常が出る人がいます。

 

その原因は、科学者たちの間違った理論:自慰は害がないと信じて肉欲に溺れ、若いのに腎臓がダメになっている。

 

あとは、麻薬(覚醒剤)中毒患者。麻薬(覚醒剤)は肝臓と腎臓を壊すので、早くも老衰で一日中小便に行きたくなる。

 

公共施設に行くと、女子トイレはいつも列を並んでいますが、男子トイレは空いている。何故かと言うと、女性は生まれつきで腎虚証若しくは生理の問題で、若しくは出産で腎虚証になりやすいので、頻尿になりやすいです。

 

女性の頻尿は、男性より圧倒的に多い。

女性にも八味地黄丸が適しています。

 

張仲景は『傷寒雑病論』でも書いたけど、出産後に輸尿管が絡んで尿がうまく出ない時、八味地黄丸(はちみじおうがん)で小便を治せる。

 

腎機能低下だと腹腔の臓器は元の場所からずれて、いろんな機能がダメになります。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)の効能は、腹腔の臓器を元の場所に戻して、もとの機能を回復する。

 

しかし、今は本物の八味地黄丸(はちみじおうがん)が買えない。

たくさんのメーカーは桂枝を肉桂に変えて、附子も加工したトリカブトではない。

 

どうしても本物が見つからなかったら、煎じ薬で代用しても良いです。

 

一人の友人が感想を教えてくれた事があります。

「この八味地黄丸(はちみじおうがん)は、腎臓病から来るむくみにとても効きます。

 

親族に一人が小さい時から田舎育ちで体が弱かった。大人になってからも大変な農作業で虚弱体質が治らなくて、足のむくみがひどかった。そして、北京同仁堂の八味地黄丸を何箱か郵便で送りました。

 

今年彼を見た時、足のむくみは消えて、体もだいぶ良くなり、農作業しても大丈夫だそうです。

 

私が思ったのは、もしこの漢方薬がなかたら、ある日彼は人工透析に連れて行かれたかも。そして、人工透析で全財産を奪われ、患者さんも死ぬでしょう。

 

鄭智城先生がよく言ったように、西洋医学はこれがめちゃくちゃ得意。」

李哲の感想: 

ある方からコメントもらいましたが、日本の病院も自慰はダメだと言うそうです。

 

中医学の理論を勉強したのか、実験で分かったのかは分かりません。

とにかく提唱しなくて良かったです。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)は有名な漢方薬です。

中国では普通によく処方されるもの。一般の漢方薬局にはみんな売っています。

 

ただし、メーカーによって成分の含有量・比例関係が違うので、本物はあまり無いみたいです。日本のメーカーもありますが、そのへんの情報はちょっと分かりません。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)は体に良いけど、今の体質に合うかどうかは漢方医に尋ねてみた方がいいです。 

 

尿の切れが悪い、頻尿などは鍼治療でも効果があります。

重症でなければ、3~4回で変わるのが分かるはず。 

 

若しくは関元、中極穴にお灸をたくさんする。

li-hari.hatenablog.com

 

お灸だけでも西洋薬より何倍も効果があります。