【翻訳文】加味当帰芍薬散:妊婦の2週間も続く出血を解決。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

妊婦の不正出血。

当帰芍薬散で治した例。

 

最後には私の見解文を書いてあります。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

加味当归芍药散:大西洋城华妇怀孕两个月出血_郑智城

翻訳文

貴方がお医者さんだと例えます。

ある患者さんから電話が入って、妊娠2ヶ月で突然出血が2週間も続いてる、どんどん出血が増えていると言われました。

 

貴方はどう処理しますか?

 

西洋医学のやり方は、なんにもしない。

婦人科検査をしても、なんにも異常がないから。

 

でも、2週間も続く出血を、処理しないで大丈夫だと言うのはダメでしょう?

 

もし貴方がその妊婦さんだったら、貴方は安心できますか?

 

ここで分かりますが、西洋医学のレベルは非常に低い。

目先の物しか見えません。

 

もう少しレベル高いのは、西洋医学の目は真っ黒でなんにも見えない。

 

電話して来たのは、私の診療所の常連さん。

彼女が最初に妊娠したのも、こちらで漢方薬を飲んでから妊娠したのです。

 

私は彼女に聞きました。

「今回の妊娠は計画したものですか?若しくは予想外の妊娠ですか?」

「計画したものです。」

 

「出血はどのくらい続いてますか?」

「2週間です。病院の婦人科に行って検査したけど、異常がないと言われました。でも、出血はどんどん増えています。最初は少しだけだったけど、今は量が多くて心配です。」

 

「出血はどんな色の血ですか?」

「鮮血です。」

 

「お腹は張りますか?」

「張っています。」

 

「気持ち悪いですか?」

「気持ち悪くて吐きたいけど、吐くものがありません。」

 

「めまいはしますか?」

「します。」

 

「食欲はどうですか?」

「食欲不振です。食べられない。お腹が張って。」

 

「便通はどうですか?」

「悪いです。2日に1回。」

 

「分かりました。これはお腹に水が溜まっています。漢方薬を取りにすぐ来て下さい。」

「ダメですよ。来週の月曜日にならないと行けないです。」

 

「どうしたら良いですかね?じゃ、先に漢方薬を郵便で送りましょうか?」

 

彼女は少し優柔不断でした。

「妊娠中は漢方薬を飲んでも大丈夫ですか?」

 

この言葉で私はイラッとしました。

ここで漢方薬を飲んで妊娠できたのに、漢方薬を信じないのか?!

 

でも、私は彼女を責めない。

何故かと言うと、西洋医学の宣伝洗脳が強すぎるから。

 

みんな西洋薬の副作用が強いのは知っています。

だから、自然に漢方薬も副作用があると思う。

 

西洋薬と漢方薬を、同じものだと見るのはダメでしょう?

 

西洋薬は人工的に合成された化学薬品。

自然の生物は分解できない。

 

漢方薬は自然が生んだもの。

生物によって分解されます。

 

月曜日になって、私は少し心配しました。彼女は予約した時間通りに今日来るのか?

 

昼頃になって、彼女はご主人と一緒に来ました。

ご主人はマッチョマンで、住宅ローンのために2つも仕事している人。

 

彼女たちが診療所に入ったら、彼女のご主人が最初に大声で話しました。「は~~~い!先生の漢方薬、良く効いたね!」

 

「出血は止まりました?」

「止まりましたよ。今は1滴出るか出ないかくらいです。」

 

私は大喜びました。

中医師として一番嬉しいのは、推測した事が現実で検証され、そして患者さんを助けたとき。

 

f:id:li-hari:20180808172905j:plain

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の一つの生薬:川芎(せんきゅ)


彼女は漢方薬を飲んでから、他の所でも著しい変化がありました。

 

もともと彼女のお腹は妊娠6~7か月みたいに大きかったです。今は完全に凹んでいる。

 

もともと、下半身が足指までパンパン腫れていたのが全部消えた。水がなくなったので、皮膚のシワまで見えます。

 

もともと彼女はすごい頻尿だったけど、今は正常。

気持ち悪いのも消え、2日に1回の大便も毎日1回になりました。

 

彼女は私に教えてくれました。

「西洋医学の先生が言うのは、出血の原因は子宮の毛細血管が破裂したから。」

 

この発言は、まったく無意味なもの。

 

出血の原因は、血管が破裂したからでしょう?

血管が切れてないのに、出血なんかしますか?

 

なぜ血管が切れるのか?

西洋医学はサッパリ分かってない。

 

彼女の場合、体内の水が多くて圧迫で血管が破裂しています。

こんな出血は止めないと人が死にます。

 

何故かと言うと、当時彼女はすでに心臓のドキドキ(動悸)が始まったから。

 

なぜ動悸が生じたのか?

水が体内に多すぎて心臓を圧迫するから、動悸が起きています。

 

心臓は水の圧迫に耐えるのも難しいのに、また胎児に栄養を送らないといけないのです。

 

十中八九、適した処理をしなかったら胎児の発育も心臓停止で終わります。

李哲の感想:

漢方薬の聖典:傷寒論 - Wikipedia(しょうかんざつびょうろん)には、婦人科項目があります。その処方箋は2000年も使ってきて、様々な女性のトラブルを解決してくれました。

 

漢方薬の安全性と効果は、言わなくても分かるでしょう。

 

鍼治療の場合は、わりと簡単です。

出血は脾臓と肝臓の経絡の井穴を刺す。

隠白と大敦。

 

あとは膝の内上部の血海穴なども良い。

数回鍼治療すれば、血は止まります。

 

水が多いのは陰陵泉、地機、三陰交穴で十分。

 

この水というのは、羊水が溢れる事です。

羊水って文字とおり、水で汁ではありません。

 

鍼を刺した後、小便の量が徐々に増えるので、溢れている羊水がなくなり、むくみが消えてほかの症状も良くなる。

 

妊娠中のいろんなトラブルに対して、鍼は非常に安全で有効です。

 

ふくらはぎを刺しているのに、いじでも胎児に悪影響があると言われたら、もう話し相手になりませんね。