頑固な偏頭痛、頻尿、肩こり、足裏と足指のマヒ、感覚が鈍い。(3)

こんにちは。李哲です。

今日は最後の記事。

 

最初の1は以下をご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

2018-5-2

彼女の報告:

右足のしびれる範囲が広まった。

前は足先3分の1がしびれたのに、今日は2分の1くらいまで広まった。

 

ただし、足で地面を踏んでみたけど、指の感覚は前より良いそうです。

 

頻尿は変化なし。

睡眠の質が悪い。

 

どんなふうに悪いのかを聞いたら、彼女が言うのは「リビングでテレビ見ながらウトウトして、夜中の2~3時に目覚めてその後布団に入ります。」

 

私は最初から布団に入ることを勧めました。

 

彼女:「足のしびれる範囲が広まったのは、前回の鍼と関係がありますか?」

私:「その可能性があります。」

 

今日はあまり強く響かないようにしました。

 

2018-5-9

彼女の報告:

頻尿は変化なし。

右足のしびれは、前々回の2~4指に戻った。足裏のしびれは消失。

 

彼女が最後に言うのは、「今まで尿が透明だと言ってましたが、実は薄い黄色でした。」

 

わお!

間違った情報でしたね~

 

睡眠に関して聞いたら、彼女が笑いながら言ったのは、「最初から布団で寝れば、夜中に目が覚めることもなく、ぐっすり寝れますね。」

 

リビングで夜中まで寝て、その後また寝室の布団で寝るのは、睡眠の質も下がります。

 

ベストは夜中に目が覚めないこと。

 

睡眠は健康であるかをチェックする大事な印。

健康の時はどんな症状があるのかは、以下の記事でも説明しています。

li-hari.hatenablog.com

 

2018-5-16

9回目。

彼女の報告:

頻尿は変化なし。

足指のしびれ、少し小指の外側に広まった感じ。

 

「状況がよく変わりますね」と彼女は笑ってました。

 

「あと1回で回数券が終わりますが、なんとかならないですかね?」

「保証はできませんが、がんばって見ます。」

 

今日も、とりあえず同じツボを施術。

 

2018-5-23

10回目。

 

右足は指のところだけ、軽いマヒが残っている。

紙一枚を踏んでいるような感じ。

 

足裏のしびれ・マヒは全部消えて、指先だけうっすら残っている感じがする。

 

頻尿は変化なし。

1時間に1回トイレに行く。

 

彼女は「いつも水を持ち歩いて、しょっちゅう飲んでいるからですかね?」と質問しました。

 

話を聞くと、彼女はのどが渇いてなくても水を飲むそうです。

 

私は彼女に説明しました。

体に水が足りなかったら、自然にのどが渇いてきます。だから、普段は飲まないで。必要もないのにたくさん飲むと、もちろんトイレが近くなりますよ。」

 

私が思うのは、彼女の頻尿は水の飲みすぎが原因

1日飲む水の量を減らせば、頻尿が治ります。

 

今日の鍼で面白い感想は、右の腎経の気穴を刺したら、なぜか胃が持ち上げられるような感じだと言ってました。

 

胃のパワー(働くエネルギー)は、腎臓が提供すると習いましたが、こんな具体的な話で教えてくれたのは初めて。 彼女に感謝します。

 

以下で、彼女の施術記録をまとめようと思います。

1ヶ月半の間、10回の回数券を使用。

 

1.鎮痛剤でごまかした偏頭痛は、鍼4回で消えました。その後は再発してない。

 

飲みやすいから鎮痛剤に頼る方は多いと思いますが、鍼治療のほうがいいです。4~5回で偏頭痛が消えるから。

 

鎮痛薬は肝臓を傷つけるので、あとになって問題を起こします。

 

2.頻尿だという症状は、彼女の飲む水が多すぎるのが原因。

 

のどが渇いてなければ、飲まない。

この原則を守れば、頻尿だという症状は消えます。

 

水を2リットル以上飲むのは、間違った知識です。 

li-hari.hatenablog.com

 

3.足裏のしびれ、皮一枚が多い感じは、範囲が狭くなり薄くなりました。

 

以下は簡易図で説明します。 

f:id:li-hari:20180602135833j:plain

施術する前のしびれる範囲

↑↑↑

施術する前は、足裏の前の3分の1と5本指がしびれた(感覚が鈍い)。

 

f:id:li-hari:20180602141625j:plain

施術したあと、しびれる範囲。

↑↑↑施術したあと、足裏の前3分の1のしびれは消失。第2~4指だけ、薄いしびれが残っている。

 

しびれが完全に消えてないのは、本当に残念なことです。

もう少し回数を重ねれば、なくなると思いますが。

 

ニハイシャ先生のDVDを習ったとき、「いろんな痛みは治しやすい。治しにくいのはマヒ・しびれ」だと教われました。

 

私も臨床で治療して見たけど、やはり痛みほど早く解決できません。

 

痛みはまだ体の気血が足りています。ただの詰まりで、痛みが生じるときが多い。

 

しかし、マヒ・しびれは気血が足りないから生じるもの。痛みとのレベルが違います。

 

臨床で遺憾なことは、マヒ・しびれが生じたときに、すぐ 鍼に来れば短期間で治せますが、だいたいの方は時間が経ってから来るのです。

 

だから鍼治療しても、回数がかかる。

 

なにか不調があったら、すぐ鍼に来てください。 

特にマヒ・しびれる感覚がある時。 

 

後々になってくると、戻すのには時間がかかる。

 

彼女は今”卒業”して、様子を見ています。

今後もし来たら、残りの症状を完璧に解決しようと思います。

 

(おわり)