肩甲骨周りが痛いのが1回で改善した例

こんにちは。李哲です。 

今日はある女性の施術記録。

主訴は左の肩甲骨周りの痛み。3週間前から痛かったそうです。

 

どこが辛いのか指で指してもらったら、左の肩甲骨の外側と下の方。これは小腸経が流れているので、右の後谿で十分。左の後谿にも刺しましたが、これは首肩コリのためです。肩甲骨周りの痛みのためではない。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180501/20180501225847.jpg

 

うつ伏せから仰向けになった時、「左肩を回して見てください」と言いました。彼女はグルングルン回して見て、「さっきより全然楽!すごい!」と喜んでました。

 

まだ少し残りがあるようなので、右の陽陵泉を追加して根本を切る事を狙いました。最後、鍼を取るときには痛みがほぼ治り。

 

ただし、手足を触ってみたら、まだ冷たかったです。最初から冷えていたので、下半身の温度をあげようとしたけど、効果はイマイチの感じ。

 

私「最近かなり寒がりですか?」

彼女「そうですね。寒いです」

 

私「コーヒーとか甘い物とか食べてないですか?」

彼女「甘い物はあまり食べてないけど、コーヒーはよく飲みます」

私「コーヒーは胃が冷えるので止めたほうが良いです」

 

彼女「果物もよく食べますが、これはダメでしょうか?」

私「果物はどれくらい食べていますか?」

 

彼女「りんご1個。ほかにもいろいろ食べます」

私「果物が主食になるとダメです。果物はあくまでもご飯を食べたあとに食べるもの。少なめで良いです」

 

彼女「え?果物はダメですか?」

私「そうです。あなたは今冷え症が強いので、果物を食べなくても良いです。あと、生ものもなるべく避けたほうが良いです。たとえば刺身・野菜サラダとか」

 

彼女「え?野菜サラダもダメですか?なんで?」

私「胃が冷えるからです」


 彼女「だって野菜でしょう?そんなに冷えるのですか?」

私「野菜は火を通せば大丈夫です。火を通さないと胃に入った時、胃は余計にエネルギーを使って暖めないといけません。胃のエネルギーが減るので、体内が冷えると言うのです。刺身も生野菜・果物と同じように冷える」

 

彼女「へえ?果物が大好きですごい食べていますが。野菜サラダもダメなら、食べる物ないですよ」 

私「野菜は火を通せば大丈夫です」 

 

f:id:li-hari:20181225194218j:plain

生野菜、野菜サラダは冷えるので、なるべく火を通しましょう!

 

生もの(刺身・野菜サラダなど)に関しては、皆さんは気をつけてください。

昔の人たちは野菜サラダ、果物を主食にしてないのは、その理由があるのです。

 

生ものをたまに食べるのはOK。

主食になったり、しょっちゅう食べるとダメです。

 

先にも述べたように、胃袋は冷たいものを消化するために、余分にエネルギーを使わないといけない。そして、胃袋のエネルギーが足りなくなる→胃袋の温度が下がる→手足の温度も下がる→全身の温度が下がる(冷え症・低体温症)。

 

胃と手足の関連性を証明するのは簡単です。

お腹が空いて寒くて帰宅した時、熱いスープを飲んで少しご飯を食べればすぐ手足が熱くなります。

 

熱いスープを飲んでも手足が冷たい?

貴方の五臓六腑は問題があります。

貴方はすぐ手足を暖かくしてくれる針灸医・漢方医を探すべき。

 

野菜サラダが流行る理由の一つ、おそらく酵素が挙げられますが、酵素に関しては過去記事があるので参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

補足:

生理中は生もの(果物、刺し身、野菜サラダなどを含み)を避けてください。この期間は、いつもより冷えやすいので更に要注意。